2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そしてゴールポストは動いた

韓国競泳選手朴泰桓のリオ五輪出場を巡るすったもんだですが
結局「動くゴールポスト発動」・・・という事になるのでしょうか?
CASの裁定が7月8日に下り、大韓体育会協議の結果朴の韓国代表入りが決定しました

<水泳>五輪断念から一転、”逆転出場”か…朴泰桓のリオ五輪出場「有力」と報道=韓国
WoW!Korea 7月5日(火)14時13分配信

 ドーピング違反で五輪出場は「不可能」となり、土下座パフォーマンスまで見せた韓国代表パク・テファン(26、朴泰桓)。この状況が一転し、リオ五輪出場が「有力」と報道され、関心を集めている。

 韓国メディアは5日、「紆余曲折を経て、パク・テファンのリオ五輪出場が有力となった。オリンピックまであと1か月となり、残るは時間との戦い」と報じた。

 去る4日、大韓体育会はパク・テファンのリオ五輪出場と関連した国際スポーツ仲裁裁判所(CAS)の暫定処分結果に従う、との意向を明かした。

 これまで、パク・テファンの国家代表資格は「ない」との立場を固守してきた体育会が立場の変化を見せたのは、去る1日、ソウル東部地裁が先月23日にパク・テファン側が提起した国家代表選抜規定欠格自由不存在確認仮処分申請を受理したことが、大きな影響を与えたものとみられる。

 一度は失った国家代表資格。土下座して涙をみせたパク・テファンに、突如としてリオ五輪への道が拓けた。

 パク・テファンの所属チームGMPの関係者は「これまで一日一日がとても大切だった。選手はトレーニングにだけ集中すべき重要な時期にも、そうすることができなかった」とし、苦しんだ日々を吐露した。

 結局、韓国の国旗を背負う可能性が高まったパク・テファン。越えなければならない壁は”タイムリミット”だ。

 なお、CASは早ければ今週中にも暫定処分結果を発表するものとみられる。CASの結果に従い、パク・テファンのリオ五輪出場が最終的に決定する。


韓国競泳・朴泰桓の執念実った 一転リオ五輪出場へ

聯合ニュース 7月8日(金)20時5分配信
【ソウル聯合ニュース】スポーツ仲裁裁判所(CAS)は8日、北京五輪競泳男子400メートル自由形金メダリストの朴泰桓(パク・テファン、26)について、リオデジャネイロ五輪への出場資格があるとの判断を示した。韓国オリンピック委員会(KOC)は国内の規定を理由に、ドーピング(禁止薬物使用)違反で国際水泳連盟(FINA)から処分を受けた朴をリオ五輪の代表に選ばなかったが、CASの判断を受けて出場させることになった。

 朴はドーピング違反で国際水泳連盟(FINA)から1年6か月の選手資格停止処分を受けた。処分は今年3月に終わり、4月の復帰戦では五輪参加標準記録を上回る好記録をマークした。しかし、KOCは処分終了から3年間は国家代表になれないとの規定に基づき朴をリオ五輪の代表に選出しなかった。朴は規定を不服とし、4月CASに提訴していた。

 朴のリオ五輪への出場資格をめぐっては韓国の地裁も今月1日に「競泳国家代表として出場できる地位があることを臨時に定める」との判断を示し、朴が権利救済のために申し立てた仮処分申請をすべて認めている。

 地裁の判断に対しKOCは「国内裁判所の仮処分の決定を尊重し、これに従う」としながらも、「CASの判断結果が(代表決定の期限までに)出れば、それに従い措置する」との立場を示し、決定を延ばしていた。

 KOCは出場選手名簿の提出期限である8日の午前に理事会を開き、CASが朴の主張を認めた場合、朴を含めた水泳競技の選手名簿を作成し、FINAに送付することを決めていた。

 KOCのチョ英浩(チョ・ヨンホ)事務総長は同日、「今日の午後、CASから朴泰桓に五輪出場資格があるという内容の通知を受け取った」とした上で、「午前の理事会で決めたとおり、朴泰桓をリオ五輪の代表に含め、FINAに提出する」と説明した。

 韓国選手で初めて競泳の五輪メダリストになった朴は、北京五輪で金メダルと銀メダル1個ずつを、12年のロンドン五輪でも銀メダル2個を獲得している。4度目の五輪となるリオ出場に向けては、今年5月に記者会見で土下座しながら「国に奉仕できるよう、一度だけチャンスを与えてほしい」と訴えるなど、強いこだわりを見せた。


世界アンチドーピング機構(WADA)は基本的に
「一定期間の出場停止」以外の二重の処罰は求めていません

CASのこれまでのドーピングに関わる裁定を振り返るとWADAの意向に則したものが多いので
今回も朴泰桓の五輪出場資格は認めるであろうという予測はある程度ついていました

CASの決定が全てというわけではなく必ずしも従わなければならないというものではありません。
関心は果たして大韓体育会がその裁定に従い朴泰桓をリオ代表に加えるのか、という一点のみでしたが
終わってみればあーやっぱりね、という感じですね。

自国の法律ですら財閥連中のためには
平気で曲げるようなお国柄なのに
スポーツに関して正義を貫けるはずないんだけどね

結局大韓体育会は突っぱね通すことができず
「処分解除後3年間は代表入りさせない」のルールは朴のゴネ得により有名無実化してしまいました

「トップのためならゴールポストを動かす」って
さすが韓国クォリティー。

スポンサーサイト

大韓体育会は朴泰桓のゴネ得を許すのか

ドーピング違反により処分を受けた韓国競泳選手の朴泰桓。
彼のリオ五輪出場を巡って大韓体育会とすったもんだを繰り広げていましたが、漸く一つの結論に達しようとしています

朴泰桓選手のドーピング問題を時系列で振り返ってみます

2015年1月27日
 北京五輪金メダリスト朴泰桓に陽性反応=国際水泳連盟
 http://japanese.yonhapnews.co.kr/pgm/9810000000.html?cid=AJP20150127000800882
 ⇒尿検査によりホルモン剤が検出される

2015年3月24日
 国際水泳連盟(FINA)競泳・朴泰桓に18カ月の資格停止処分
 http://japanese.yonhapnews.co.kr/pgm/9810000000.html?cid=AJP20150324000200882
 ⇒検査を受けた2014年9月3日より2016年3月2日まで処分を科すことを決定

2015年5月28日
 朴泰桓、メダルはく奪
 http://japanese.yonhapnews.co.kr/pgm/9810000000.html?cid=AJP20150528001600882

2016年4月6日
 大韓体育会、処分解除3年以内は代表に選出しないことをを再確認
 http://japanese.yonhapnews.co.kr/pgm/9810000000.html?cid=AJP20160406004900882

2016年4月8日
 朴泰桓、処分解除後初の公式戦出場へ
 http://japanese.yonhapnews.co.kr/pgm/9810000000.html?cid=AJP20160418004200882

2016年4月25日
 朴、東亜水泳大会(リオ五輪選考会)1500mで優勝。参加標準A記録突破
 http://japanese.yonhapnews.co.kr/pgm/9810000000.html?cid=AJP20160425004700882
 
2016年4月26日
 朴、東亜水泳大会200mで優勝。参加標準A記録突破
 http://japanese.yonhapnews.co.kr/pgm/9810000000.html?cid=AJP20160426004500882

2016年4月27日
 朴、競泳400mで優勝。参加標準記録A突破
 http://japanese.yonhapnews.co.kr/pgm/9810000000.html?cid=AJP20160427002700882

2016年4月28日
 朴、100m優勝で4冠達成。出場した競技全てで参加標準記録突破
 http://japanese.yonhapnews.co.kr/pgm/9810000000.html?cid=AJP20160428005800882

2016年4月28日
 朴のコーチ、土下座でリオ五輪出場を訴えるも決定覆らず
 http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/04/29/2016042900842.html?ent_rank_news

2016年5月2日
 朴自身も土下座でリオ出場懇願へ
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160502-00000073-wow-spo

2016年6月16日
 大韓体育会、朴のリオ五輪出場認めず
 http://japanese.yonhapnews.co.kr/pgm/9810000000.html?cid=AJP20160616001200882

2016年6月16日
 朴泰桓、CAS(スポーツ仲裁所)に提訴
 http://japanese.yonhapnews.co.kr/pgm/9810000000.html?cid=AJP20160616002100882

2016年6月23日
 朴、韓国地裁に仮処分申請
 http://japanese.yonhapnews.co.kr/pgm/9810000000.html?cid=AJP20160623004800882

そして韓国地裁の判決が出たのがこちら

(朝鮮日報日本語版) ソウル東部地裁、ドーピング朴泰桓のリオ五輪出場資格認める
朝鮮日報日本語版 7月2日(土)9時16分配信

 競泳の朴泰桓(パク・テファン)選手(27)が「過去のドーピング(禁止薬物使用)違反を問題にし、私を韓国代表に選出しなかった大韓体育会の決定を取り消してほしい」として、仮処分を申し立てた件で、ソウル東部地裁民事21部(ヨム・ギチャン裁判長)は1日、「朴選手の韓国代表としての欠格事由はなく、朴選手には韓国代表としての地位にある」との決定を下した。朴選手側の主張が認められた形で、これを受け大韓体育会は「裁判所の意見を尊重する」と表明した。このため、朴選手がリオデジャネイロ五輪に出場できる可能性はかなり高まった。

 朴選手は2014年9月、仁川アジア大会前のドーピング検査で引っ掛かり、国際水泳連盟(FINA)から18カ月間の選手資格停止処分を受けた。この処分が終了した後の今年4月、朴選手はリオ五輪の韓国代表2次選抜で、4種目全てで1位となった。ところが大韓体育会は「ドーピング違反により懲戒処分を受けた者は、その後3年が経過するまで韓国代表にはなれない」という代表選抜規定を盾に、朴選手の韓国代表としての資格を認めなかった。

 これに対し地裁は「当該規定を今回の代表選抜に適用した場合、二重の懲戒処分に当たると考えられ、無効だ」との判断を示した。


「体育会および競技団体で禁止薬物の服用、薬物使用の許容またはこれをそそのかす行為で懲戒処分を受け、懲戒が満了した日から3年が経過しない者を国家代表として選抜することはできない」
という国家代表規程第5条6項のこの条文は、韓国では2014年7月には既に定められています
それを朴選手自身も知っていたからこそ注射を打つ際に何度も医師に確認していたのでしょう。

ルールそのものは厳しすぎるとは思います。
IOC規定でもこんなルールは存在しません。
『ドーピングで6カ月以上の処分を受けた者は次の五輪に出場できない』というルールを2008年に作ろうとしたけど
CASから「二重の処罰になってはいけないとダメだしされて結局廃止になった


賭博にも八百長にも未成年飲酒にもブタアマ処分にする韓国が
よくもまあこんな厳しいルールを作ったと思いますよ。
それでも大韓体育会がこのルールを定めたのは
ドーピングは断じて許さないという一罰百戒的な意味を込めたかったのではないでしょうか?

朴泰桓は『自分は『国民の弟』であり韓国の英雄でありスターだから許されるだろう。
リオ五輪代表選考会である東亜水泳大会までに自分のためにルールを曲げてくれるだろうと考えていたのかもしれませんが
それは認識がが甘いんじゃないかと思います
どんな理由があっても違反は違反です。朴は素直に自国の定めたルールに従うべきだったのではないでしょうか

朴は大韓体育会の決定を不服としてCASに提訴し、同時に韓国地裁にも仮処分の申請を求めて提訴しました。
地裁の決定は先に述べたとおり「朴に代表選手の資格あり」としました。
地裁はなんというバカな判決を下したのだと思いますよ。
「有名選手なら、スター選手ならルールを捻じ曲げられる」という悪しき前例を作ってしまったんだから。

CASに関しては過去の前例に基づいて朴に「五輪代表の資格あり」という裁定を下すことが予測されます
屁理屈をこねくり回すことになりますが地裁の判決もCASが今後下すであろう決定も
『朴には出場する資格があることを大韓体育会が認めるか否か』
であって
『大韓体育会は朴をリオ五輪韓国代表に選びなさい』というものではないので
そこから先は大韓体育会が彼を選ぶかどうか、の話になってくるのですが。

まあルールがあってもスター選手のためには平気でルールを捻じ曲げてしまう韓国ですから
最後には大韓体育会も折れてしまうんだろうけど
何人たりとも例外は認めないという姿勢をどこまで貫き通せるのか
経緯をしっかりと見守りたいと思っています

Read More »

韓国の新星ユ・ヨンは「キム・ヨナ2世」になりえるか

韓国の国内選手権では11歳のユ・ヨン(Young YOU)が女子シングルを制したことで
「キム・ヨナを超えた」などと大騒ぎなんだとか

11歳の天才少女、韓国の全国選手権で優勝 金妍児さん超え
AFP=時事 1月11日(月)17時1分配信

【AFP=時事】韓国では10日、フィギュアスケートの全国選手権で史上最年少となる11歳の少女が1位に輝き、金妍児(Yu-Na Kim、キム・ヨナ)さんが保持していた同大会の最年少優勝記録を更新した。
ユ・ヨン
 11歳のユ・ヨン(Young You)は、身長143センチと小柄ながら、難しいジャンプや美しいスピンを次々に披露し、ミスのない演技で最高得点をたたき出した。

 韓国の中央日報(Joongang Ilbo)は、ユ・ヨンを「フィギュアスケートの天才」と表現し、朝鮮日報(Chosun Ilbo)は、同選手が「韓国フィギュアスケート界の歴史を塗り替えるだろう」と評している。

 韓国出身のフィギュアスケーターと言えば、世界フィギュアスケート選手権(ISU World Figure Skating Championships)を2度制している五輪金メダリストの金妍児さんを思い浮かべるが、その金妍児さんも、ユ・ヨンの快挙を近くで見届けた。

 12歳で全国選手権を制した経験を持つ金妍児さんは、ユ・ヨンのスケーティングが「当時の自分を上回っている」とすると、「注意を払いながら、けがをしないよう練習すれば、技術は向上すると思う」と期待を述べた。

 金妍児さんは、2014年のソチ冬季五輪を最後に競技から引退したものの、韓国フィギュアスケート界のスターとして、今でも人気が高い。

 ユ・ヨンも、2010年のバンクーバー冬季五輪で金妍児さんが金メダルを獲得した演技を見て、フィギュアスケートを始めた選手の一人。現在は、トリプルアクセルや、難度の高い3回転ジャンプの練習に取り組んでいるという。

「シーズン開幕に際し、トリプルアクセルを練習していましたが、完璧な仕上がりではありませんでした。今季終了後に、再び挑戦しようと思います」

 全国選手権を制したユ・ヨンだが、満15歳以上の年齢基準を満たしていないため、2年後に地元で開催される平昌冬季五輪には出場できない。【翻訳編集】 AFPBB News


その国内選手権ユ・ヨンのSP、FS動画やプロトコルも早速上がっておりました
【SP】

ユ・ヨンSPプロトコル

【FS】

ユ・ヨンFSプロトコル

ジャンプは全般的に少々回転不足気味なように思います。
回転軸もやや歪んでいてこれでよく降りられるなぁという感じ。
日本の本田真凛は同年齢でも回転の足りているジャンプを跳べていましたので
もう少し改善の余地はあるでしょうね。
確かにスピンの柔軟性、回転スピードでやヨナを上回ってますし、ループも跳べてます。
何より華がある。ヨナも絶賛したくなるくらいの逸材だと私も思います
どちらかというとちょこまかと忙しない動きはロシアのラジオノワにタイプが似てるような気もしますが

但し、シニアに上がって「キム・ヨナ2世」となりうるかというと、現時点では非常に難しい。
というのも韓国では2度にわたる指導の失敗例があるから。
2010年トリグラフトロフィーのノービス部門で優勝し、「キム・ヨナ2世」と騒がれていたユン・イェジは
ジュニアに上がった頃から極端に伸び悩み、その後消えてしまいましたし
国内選手権を12歳で制したキム・ヘジンも「ヨナ2世」と騒がれながらやっぱり伸び悩んでしまいました。
シニアの国際競技で比較的安定したジャンプを跳べていたパク・ソヨンも韓国選手権では惨敗したことを考えると
この年齢でたまたま一つ買ったくらいではシニアでは通用しないと思います
また、タイミングが非常に悪かったりもします。
2018年平昌五輪を迎える頃にはまだユ・ヨンは13歳で出場はできませんし
2022年北京五輪を迎える頃には17歳。体型が変化する磨ノ16~18歳ゾーンに突入してしまいます。
体型が丸くなってしまったユンやヘジンのことを考えるとこのジャンプを維持できるのかどうか・・・

日本でもノービス、ジュニア時代に将来を期待されながら
その後伸び悩んで消えていった選手も少なくないのでよその国のことを言えないかもしれませんが

キム・ヨナは成長期にカナダのクリケットに渡ったから力を伸ばすことができましたが
国内の指導体制のままでは並の選手として終わっていたことでしょう。
将来有望とされていた選手が次々伸び悩んでいったところを見ると国内の指導体制では力不足と言わざるを得ない。
韓国が将来ユ・ヨンをヨナを超える逸材として育てていきたいなら
後ろ足で砂を蹴るように去っていったクリケットにもう一度頭を下げて海外修行させた方がいいのかもしれません

日本の選手にとって脅威となる存在になりえるかは今後の指導体制次第ですが
とりあえず彼女の顔と名前は覚えておいた方がいいかもしれません

もはや常態化している韓国のスポーツ不正

韓国が関わる国内外のスポーツ競技で
「スポーツマンシップに則って行われた試合なんて一つもないのですが
もはやお家芸と呼ばれる韓国スポーツ界の不正がまた一つ明らかになりました


=====================================

韓国フィギュアで審判をめぐる前代未聞の不祥事
韓国ネット「五輪開催国として恥」
キム・ヨナが誕生できたのは奇跡」―中国メディア
Record China

2015年6月7日、騰訊体育は、韓国メディアの報道として、韓国で今年3月に開催されたフィギュアスケートの国内大会で不公正な審判が相次ぎ、処分も非 常に軽いものだったと伝えた。これを受け韓国ネットでは「韓国スポーツ界は腐敗が横行している。18年冬季五輪開催国として恥だ」との声があがっている。

指 摘されている不正は今年3月11~15日、韓国の仁川先学国際氷上競技場にて開催された「第57回全国男女フィギュアスケート選手権大会」で発生した。審 査員A氏が選手の競技開始時点で着席しておらず、途中から審判席に着いたところ、これを見た審査員B氏が競技終了後に自己の採点表をA氏に見せたという。 大韓スケート連盟はA氏に対し1大会の出場停止処分、B氏に警告処分を下したものの、B氏の処分が軽すぎるのではとの批判があがっている。

これに対し、韓国ネットユーザーからは次のようなコメントが寄せられた。
「韓国選手はおかしな団体の下で夢を追うより、他の国に帰化すべき!」
「平昌五輪の開催権を放棄しよう」
「こんな腐った団体からキム・ヨナが誕生できたのは奇跡」
「朴槿恵(パク・クネ)大統領はスポーツ界の不正を正さねばならないと言ったが、声だけ大きくて実際はなにも変わっていない」
(翻訳・編集/谷)


フィギュアの韓国選手権で審判の不正疑惑、韓国ネットは「平昌五輪を開催する資格なし」―中国メディア
FOCUS ASIA

今年3月に仁川で行われたフィギュアスケートの韓国選手権で、不正疑惑が指摘された審判に対する処分が非常に軽いものだったとして、韓国世論から「平昌冬季五輪を開催する資格はない」との批判が噴出している。7日付で騰訊体育が伝えた。

3月11日~15日に仁川で行われた韓国選手権で、審査員の1人が選手の演技が始まっても審判席におらず、途中から席に着いた。この時、別の審判が採点票 をこの審判に渡したことで、両者に不正の疑いが持たれている。大韓スケート連盟は両者に対し、大会1回分の審判資格の停止と警告処分を科した。席に着いて いない審判に気付かず、試合開始の合図を送った別の審判と、「時間が足りなかった」を理由に一部選手の芸術点を付ける際に重大なミスを犯した審判にも2回 分の審判資格停止という処分を下した。

これらの処分が甘いとして、韓国のネットユーザーから「韓国スポーツ界の腐敗ぶり」に怒りの声が上がっている。「(ロシアに帰化した)ビクトル・アンの気 持ちがよく分かる」「暗黒のスポーツ界。これでは選手に明るい未来はない」「韓国の選手は全員他国に帰化したほうがよい」「大韓スケート連盟は解散して、 18年平昌五輪の開催権を返上すべき」などのコメントが寄せられた。

日本のネットユーザーも、「日韓W杯など大きな大会でも、堂々と審判を買収する国」「泥棒が泥棒を捕まえる感じ」「韓国人がスポーツマンシップを守る方が珍しい」「平昌五輪に出場する外国選手に同情する」などと揶揄している。

(編集翻訳 小豆沢紀子)


======================================


国際ジャッジ資格者ですら「自国選手が不利益を蒙らないように尽力する」
などと公言する様な狂った民族
であり
国際競技主催者ですらあの手この手を使って不正を堂々と行うような国
だからね。

国内競技の主催者や審判はそれを真似ているのですから不正が行われてないわけがない(笑)

私たちが眉をしかめたくなるようなジャッジの不正、不祥事、買収も韓国では日常茶飯事。
もはやあちらの国では不正や買収こそが韓国の国技だから。

彼らにとってはスポーツの競技とは『決められたルールの中で
いかにベストパフォーマンスを行い勝利するか』
ではなく
『いかに金をばらまき、審判を支配して
自分たちのペースで試合を進め勝利するか』
なので
そりゃあ不正はいつまでたっても無くならんわな

「ジャッジの不正、不祥事、買収も含めてスポーツ競技」
という考えを国民全体がまず改めるべきではないでしょうか

…まあ無理だと思いますけどね











ISU、韓国の異議申し立てを棄却

韓国の異議を棄却=金妍児の採点めぐり―ISU

時事通信 6月4日(水)23時4分配信

 国際スケート連盟(ISU)は3日付で、ソチ五輪のフィギュアスケート女子の採点をめぐり、
韓国が申し立てた異議を棄却したと発表した。
 韓国スケート連盟と大韓体育会は連覇が懸かった金妍児(韓国)が
アデリナ・ソトニコワ(ロシア)にフリーで逆転され銀メダルに終わったことに関し、
審判員構成で倫理規定に違反する点があったとし、調査を求める方針を示していた。
 韓国側はこの決定について、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に訴えることができる。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140604-00000173-jij-spo

まだやっとったんか。

しつこい韓国の事だから控訴するんでしょうね。
上告制度があるのであれば そこまで徹底してやるんでしょう。いや、争わざるを得ないというべきか。

今になってもまだ恥知らずに「ソチ五輪キム・ヨナの銀メダルは不当」の看板を出すくらいだから
目の前の金メダル奪還のためならなりふり構ってられないんだろうね。
彼らにとって目的を達成するためなら海外がどう見ているかなんて気にしないの。それが韓国の国民性。

ヨナが、連盟がここでISUの決定を受け入れると「連盟はヘタレ」
「お前の金メダル奪還のために動いてやってるのにその態度はなんやねん」とまた火病起こしますよ。
(もう既に発狂しまくりなんだろうけど)
結局は自分たちに怒りの矛先を向けさせないためには
引っ込みがつかずに最後まで争わざるを得なくなるんじゃないですか?

訴えたところで無駄なことですが。

なにしろ「計算上の誤り以外の一切の抗議を認めない」という
123条4項「抗議の制限」のルールがありますので


ちなみに『CASに訴えるという手段も」と記事では触れていますが
これもまた「無駄」なんですよねー

CASにはルールを変えさせる権限はありませんので。

本来メダルに値しない演技なのに、五輪憲章違反でメダルはく奪ものなのにメダルをもらえたんだから
その結果で満足しとけっつーの!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ぶー

Author:ぶー
選手を混乱させ続け、迷走し続けるフィギュアスケートのルールや
採点のあり方について私なりに思うことを書いていきたいと思っています。
リンクや記事引用はご自由にどうぞ
キムチ派、宇宙人とゆかいな仲間たちは訪問お断り

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (70)
ルール (23)
国内報道 (3)
浅田真央 (13)
オリンピック (5)
フィギュアスケート技術 (2)
大会 (55)
キム・ヨナ (14)
ジャンプ技術 (5)
韓国 (5)
日本選手 (10)
国外選手 (2)
GPS (32)
ステップ技術 (2)

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
525位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
33位
アクセスランキングを見る>>

FC2拍手ランキング

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。