2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四大陸選手権男子SP終了


ぜ四大陸選手権2日目。男子SPが終了しました
結果はこちら
2016四大陸選手権男子SP
プトロコルはこちら

それでは雑感などを少し。。。


SP首位発進は中国のボーヤン・ジンでした

4Lz+3Tのこの完成度の高さは凄い。このコンボだけでも破壊力があるのに後半4Tも軽々。
中国男子選手ではジャンプが良くてもスピン、ステップが今一つという選手が多かったのですが
ジャンプ以外の要素も苦手なくレベルを取りきれるのはお見事。
高難度のジャンプをこなすこと重視でややトランジションが薄いところもありますが滑りに関しては
曲調に合わせて少しずつ緩急がつけられるようになってきているのではないでしょうか
スケーティングを強化してPCSの得点が伸びてきたら彼は一体どんな得点をたたき出すのだろうかと末恐ろしさを感じます。
ワールドでボーヤンもメダル候補の一人に入ってくることは間違いないでしょうね。
FSは4Lzと4S、2度の4Tを入れたプロになります。タフな構成でノーミス演技は難しいかもしれませんが
ジャンプが全て入ることに期待したいです


宇野昌磨は2位発進でした


悪かったのは冒頭の4Tだけでした。入り方は悪くなかったと思いますが
3回転目あたりから軸が外れて着氷時にフリーレッグをついてしまいました
勢い余って…という降り方でしたので転倒してもおかしくなかったと思いますがよくこらえました
「レジェンド」は終始追い立てられるようなアップテンポな楽曲なのですが
曲調に負けることなくしっかり音楽を捉えた演技ができているのは素晴らしいと思います
ボーヤンとは約6点ほど引き離されましたが男子では十分優勝は射程圏内。
FSでもよい演技を期待したいですね


3位にはハン・ヤンがつけました


ジャンプは全てクリーンに降りましたがステップに入る前の3つ目の足換えシットスピンがノーカン。
足換えの単一スピンでは足換え前、後で基本姿勢で各6回転ずつという規定がありますが
ハン・ヤンは足換え前の基本姿勢での回転が5回転しかできていなかったので0点になってしまったのかもしれません
レベルを取りきればあと3.30ほどは上積みできていたかも。ちょっともったいなかったですね。
ハン・ヤンはSPで出遅れることが多かったので久しぶりに彼の笑顔を見ることができてよかった。
「Sing Sing Sing」はまたしてもローリーの変プロ路線でおかしな振り付けが多い。ローリーは彼にいったい何を求めてるの?
ハン・ヤンも女子のジジュン・リもずっとローリー・二コルの振り付けのプロを演じているのですが
ハン・ヤンは変プロ路線、ジジュンは「可愛いお人形さん」なものばかりなので
そろそろ二人ともローリーから離れてみてはどうかと思います


4位には無良崇人がつけました

冒頭の4T+3Tについては単独になり、後半3Lzにセカンド3Tを付けましたがこれが回転不足となってしまいました
スピン、ステップはすべてレベル4を取りきりました
足換えキャメルスピンに関しては足を変える前と後で軸が離れすぎてしまったのが原因かもしれませんが
これまでスピンのどこかでレベル取りこぼしをすることが多かったのでとりきれたのは良かったと思います
ワールド代表の座は逃してしまったので「黒い瞳」は今大会で見納めでしょうか
大会をこなすごとに非常によくなってより男の色気を感じさせるプロになってきていたのでもっと見ていたかったですね


パトリック・チャンは5位発進でした


4T+3Tでは第1ジャンプで片手お手つきに、続く3Aも着氷がやや乱れてしまいました
前半つけられなかったセカンド3Tを後半3Lzにつけようとしたのですがセカンドジャンプは2回転に。
足換えのキャメルスピンもレベル1判定と精彩を欠いた演技になってしまいました
足換えキャメルについては足換え後に「8回転」と「チェンジエッジ」で
レベル上げを意図していたのだと思いますがそれが認められなかったようです
「氷の状態が良くなかった。日によって氷の状態が変わるのでいつも初めて氷に乗るような感覚だった」とコメントしていたパトリック。
リンクの状態はあまりよくなかったかもしれませんね。
それでも最終滑走で見せたチャンの滑りはの無駄な力がないのに非常にのびやかで
思わず見とれてしまうような美しいスケーティングで格の違いを感じました
『パトリックは3Aが苦手だからFSで1度しか入れられない』と散々当ブログで書いてしまいましたが
FSではとうとう3Aを2度入れる構成に引き上げるようです。
パトリックにとってはこれも一つの挑戦。ぜひとも苦手を克服してもらいたいですね

田中刑事は7位でした


4Sは回転が3回転に抜けてステップアウト。3Aは綺麗に降りましたが
3F+3Tではセカンド3回転の軸が外れて再び着氷が乱れてしまいました
ミスは目立ちましたが田中はリンクの中で独自の世界観を出す演技の出来る選手だと思います
男子の技術レベルが目まぐるしく変わっていくので今はついて行くのに精いっぱいかもしれません
羽生や昌魔のように10代から頭角を現す選手もいれば町田や無良のように22、23歳になってから急激に伸びる選手もいるので
これからも地道に努力を重ねていつかその才能を開花させてもらいたいです


FS滑走順は以下の通りになりました
2016四大陸選手権男子FS滑走順
昌磨は最終G2番滑走となりました。習得中の4Loは徐々に精度が上がってきていますが今大会で挑戦はしないかもしれませんね
完成度の高い演技を見せることができればボーヤンにプレッシャーをかけられるのではないでしょうか
無良も十分メダル圏内ですのでぜひとも表彰台を目指してもらいたいです
パトリックはSPに続きFSでも最終滑走を引いてしまいました。
滑走順より氷の状態との闘いになりそうです。3Aを2度入れた構成が上手くいくといいですね

韓国のキム・ジンソは無良パパ、イ・ジュンヒョンは樋口豊コーチの指導を受けているのですか。
まだジュニアのチャ・ジュンファンはオーサーコーチに預けたりと
男子選手に関しては積極的に海外修行させているようです
あちらさん自国開催のもヒラマサ五輪で最低でも1名自力で派遣、あわよくば入賞をと必死なんだろうけど
若手育成に力入れるのちょっと遅すぎませんか?
五輪開催が決定してから5年近く経っているのだからいくらでも手は打てたはず。
女王様ひとりに頼り切るから土壇場になって慌てるようなことになるのでは?
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://figureskatingmaolove.blog.fc2.com/tb.php/153-759b9495
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

四大陸選手権女子終了 «  | BLOG TOP |  » 四大陸選手権女子SP終了

プロフィール

ぶー

Author:ぶー
選手を混乱させ続け、迷走し続けるフィギュアスケートのルールや
採点のあり方について私なりに思うことを書いていきたいと思っています。
リンクや記事引用はご自由にどうぞ
キムチ派、宇宙人とゆかいな仲間たちは訪問お断り

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (70)
ルール (23)
国内報道 (3)
浅田真央 (13)
オリンピック (5)
フィギュアスケート技術 (2)
大会 (55)
キム・ヨナ (14)
ジャンプ技術 (5)
韓国 (5)
日本選手 (10)
国外選手 (2)
GPS (32)
ステップ技術 (2)

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
628位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
35位
アクセスランキングを見る>>

FC2拍手ランキング

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。