FC2ブログ

2018-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界選手権女子結果

世界選手権も4日目。女子FSを以て競技は全日程を終了しました

女子FS結果と総合順位はこちら

総合順位
2016世界選手権女子FS結果

最終順位
2016年世界選手権女子最終結果

プロトコルはこちら
www.isuresults.com/results/season1516/wc2016/wc2016_Ladies_FS_Scores.pdf

優勝はエフゲーニャ・メドベデワでした

相変らずのタノ、タノ、タノ―なメド子さん。ファンに起こられるかもしれんけど
「タノ子」と名付けたいくらいゲップが出るようなタノのオンパレード。
ジャンプ着氷についてはケチのつけどころは無いのですが
ルッツはがっつりインサイドだぜー。あれはe判定相当ですやん。
タノ子メドベデワのジャンプってどのジャンプも全然美しさがないんですよねー。
上体が沈み込んでていかにも構えているという感じで。ちょっとGOE月過ぎではないかなと思いました
で、FSの得点はキム・ヨナファンが唯一のよりどころにしていたレキダイサイコウトクテーンを抜いてしまいました
メドベデワはルッツエラーが見逃しですがトリプル5種7度はきちんと入ってますし2度の3-3が入ってますが
ヨナの構成は2A3回、トリプルは4種6度でしたから、まあそれよりは(ほんの少し)納得できるところはありました
優勝おめでとう。

2位にはアシュリー・ワグナーが入りました

最終滑走で、GG失速直後でアシュリーのかかったプレッシャーは相当大きかったと思う
地元のファンはサーシャ・コーエン以来10年ぶりのメダルを彼女に託しているようでもありましたから。
3Fがやや堪えた着氷になりましたがそれ以外は非常に素晴らしい演技でした
プロトコルを見れば3-3のセカンドや着氷の乱れた3Fの<判定、ルッツの!判定で減点いくつかついて
普通3つも減点がつくとPCSも得点もこんなに高くなることはないのですが
そこは最終滑走の利というか地元の利というか。
なんというか、ミスの多かったGGを何とか地元のワールドでメダルを取らせたかったけど
最後にアシュリーがいい演技しちゃったもんだから『アメリカのメダルはアシュリーにね』という風にも見えなくもないですが
9年かかってやっと、やっと届いた世界選手権のメダルだよ!
本当におめでとう!!
キスクラで得点が出た時に唇の動きが「アリガトウ」と言っているようにも見えました
インタビューでも日本語で「アリガトウ」と答えてくれたアシュリー。こちらこそ有難う、です。
この日のあなたの最高の笑顔は忘れない。

3位にはアンナ・ポゴリラヤが入りました

ポゴリラヤが!判定を受けたというのは唯一状態が突っ込んだ状態になったあのジャンプですよね。
踏切りはセーフだったようにも見えましたが。
メドベデワのはっきりとしたインサイドとわかるルッツやGGのはっきりアウトとわかるフリップはお目こぼしで
ポゴラリヤには判定をとるってどういうこったい?!
着氷が危なっかしかったのは3Fだけであとは非常に良い演技でした
安藤美姫以来の「シャリアールに正面からケンカ売ってるようなシェヘラザード」個人的には好きでした
来季も素敵なプロを見せてほしいですね。メダル獲得おめでとう!

4位にはグレイシー・ゴールドが入りました

メドベデワが驚異的なスコアをたたき出してミスが一切許されないGGでしたが
のっけから転倒。その後持ち直すも最後のルッツで2回転に抜ける痛恨のミス。
最終滑走ワグナーの得点で優勝どころかメダルそのものもGGの手をすり抜けてしまいました
最後の最後までメダルを諦めたくないというGGの想いだけはは伝わりましたが
火の鳥のプロとしてはたんぱくになってしまったようにも思いました
3Lz+3Tのセカンド転倒の仕方は真央のSPと同じような体勢でしたがこっちは回転不足見逃しですか。ふーん。
3Fは明らかなアウト踏切でも見逃し、2A+3T+2Tの第3ジャンプでもエッジがグリッと回ってましたがそれも見逃しですか。ふーん
GGが悪いというわけではないですが一貫性の無いジャッジの判定がどうにも。

5位は宮原知子が入りました

予定していた構成を本日も完璧にこなしました。さすがミスパーフェクト。
メドベデワが作った空気やあのトンデモスコア直後だったのに動じない演技ができたのはお見事!
ただ、ミスはないのですが小柄でジャンプの低い彼女にとってはこれが限界なのではとも思ってしまいました
今の女子選手は高さのあるジャンプを跳びますしタノをつけたりいろいろな工夫があります
宮原も頑張って踏み切る直前や降りた足そのままでステップやターンを踏むなど頑張って入るのですが
先に質の良い選手が加点をバンバンもらった後にはやっぱりGOEはつきにくいです
ジャンプにもっと高さを出せるといいのですが

6位にはエレーナ・ラジオノワが入りました

大きなミスはなく、レベルも全て獲りきりましたがラジオノワのジャンプは全然美しくない。
軸は歪んでるし堪えたみたいな着氷ばっかですし。
見ていて怖くなります。なんだか膝とか故障しちゃいそうで。
身長が伸びている状態なので体のコントロールが難しいのかもしれません
前からヘンだヘンだといっていたFSの「タイタニック」。とうとう衣装までヘンになってしまいました
これ、映画とは関係ないような・・・まだ今まで着用してたやつの方が映画を思わせる衣装だったよ。何で変えたの?

浅田真央は2つ順位を上げての7位フィニッシュでした。

SPを終えた時に一つ真央に思うことがあった。
『メダルが遠のいてしまっても、元女王として真央にはまだやるべきことがある。
それはどんなスタートであっても最後まであきらめない、戦う姿勢を後輩たちに見せてあげて』ということ。
試合をずっと見ていると、一つのミスで「もうだめだ」と諦めてしまうような演技をしてしまう選手がいたり
SPで思わぬ下位のスタートになって、意気消沈してFSでも引きずってしまう選手もいたりする。
これまで何度も修羅場を乗り越えてきた真央には「何事も最後まであきらめてはダメだ」という強い背中を見せてほしい
そう思いながらFSを見守ってました
回転不足とかエラーとか、ミスはあったけど真央は戦う姿を再び見せてくれた
それが一番うれしかったです
ゆっくりでもいい。着実に一歩ずつ自分の追い求めるスケートに向かって歩んでいってもらいたいです
今季見た中で最高の蝶々さんでした

本郷理華は8位フィニッシュでした

前半の3F+3Tや後半着氷の乱れたジャンプは判定とられたけどそれすらも吹き飛ばしてしまうくらいすばらしかったです
本郷の今季のプロはどちらもドストライクなものでしたが今日の演技が一番表情が生き生きしてた
まるでエキシビションで演じているかのような、滑ることそのものを楽しんでいるかのようでした
今大会でもFSで130点の大台を突破できなかったけど、回転不足やら何やらとられてこの得点なので
この調子をキープしていけば来季は200点台大台にも乗せられるでしょう
お疲れ様でした


今季の結果を受けて、来季出場枠は以下の通りになります
3枠・・・ロシア(1位+3位)、アメリカ(2位+4位)、日本(5位+7位)
2枠・・・カナダ(9位+17位25P)

選手の皆様お疲れ様でした。宮原はTCC頑張って!

来季日本は3枠を死守しましたがジュニアから樋口新葉がシニアに移行します。平昌五輪シーズンは恐らく本田真凛、白岩優奈も。
宮原、真央、本郷、新葉、真凛らの日本代表争いってすごいハイレベルなことになりそう


スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://figureskatingmaolove.blog.fc2.com/tb.php/172-b478d384
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

羽生、デニス・テンの騒動に思う «  | BLOG TOP |  » 世界選手権ペア結果

プロフィール

ぶー

Author:ぶー
選手を混乱させ続け、迷走し続けるフィギュアスケートのルールや
採点のあり方について私なりに思うことを書いていきたいと思っています。
リンクや記事引用はご自由にどうぞ
キムチ派、宇宙人とゆかいな仲間たちは訪問お断り

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (78)
ルール (25)
国内報道 (3)
浅田真央 (13)
オリンピック (5)
フィギュアスケート技術 (2)
大会 (55)
キム・ヨナ (14)
ジャンプ技術 (5)
韓国 (5)
日本選手 (10)
国外選手 (2)
GPS (32)
ステップ技術 (2)

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
979位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
51位
アクセスランキングを見る>>

FC2拍手ランキング

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。