2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レギュレーションルール変更

第56回ISU総会が終了しました。
ISU Communication 2014にてレギュレーションルール変更点が公表されましたので紹介させていただきます


I.General Regulations

Rule 121, paragraph 3 Restrictions
applying to appointed Officials:
c) Members of the Technical Committees of the Figure Skating Branch cannot act in other
disciplines in ISU Championships, Senior Grand Prix Events and Final, the ISU World Team Trophy and
the Olympic Winter Games

基本事項121条3項
任命されたオフィシャルへの制限
フィギュアスケートにおける技術委員会はISU選手権、シニアGPSおよびファイナル、
国別対抗戦、冬季五輪の他の種目の職務を担当してはならない



II.SpecialRegulations

Rule 350, Call to the Start
Paragraph 2
Delete additional 30 seconds for the first skater in every group before taking the starting position.
350条2項

いずれの(ウォームアップ)グループの最初のスケーターであってもスタート位置につく際に与えられる追加の30秒の猶予を削除

Rule 353, paragraph 1.n), part Fall
Increase deduction for multiple falls in Senior Single Skating:
-1.0 for the first and second fall,
-2.0 for the third and fourth falls,
-3.0 for the fifth and any further falls

353条1項転倒に関して
シニアシングルスケーティングにおいて複数の転倒があった場合は減点を増加する
1度目&2度目→プログラムから減点1
3度目&4度目→プログラムから減点2
5度目以上→プログラムから減点3


Rule 353, paragraph 4, Publication of results, c)
Cancel anonymity of Judges in publication of results.

353条4項結果の公表について
結果の公表におけるジャッジの匿名を取り消す


Rules 415 and 416, Age limit for Technical Specialists and Data & Replay Operators
The upper age limit for Technical Specialists and Data & Replay Operators has been extended to 70.

415条及び416条 テクニカルスペシャリスト&データ&リプレイオペレーターの年齢制限に関して
テクニカルスペシャリスト、データ&リプレイオペレーターの年齢上限を70歳とする


Rule 431, para 2, Round Table Discussion
Video from the competition in the RTD is mandatory for all international events

431条2項 円卓会議について
全ての国際イベントにつての円卓会議ではビデオの利用を義務付ける



III. Technical Rules

Rule 502, Duration of skating, paragraph 1
Duration of the Short Program for Seniors and Juniors is 2 minutes 40 seconds plus/minus 10 seconds.
Consequently the middle of the program (see Rule 353, paragraph h) is 1 minute and 20 seconds.

502条 スケートの演技時間について 1項
シニア、ジュニアにおけるSP演技時間は2分40秒±10秒。
中間の時間は1分20秒からである


Rule 504, paragraph 3
.a), Definition of Program Components Is revised as follows:
The Skater's/Pair's/Couple’s whole performance is evaluated by five (5) Program Components:
Skating Skills, Transitions, Performance, Composition, Interpretation of the Music /Timing
(for Ice Dance).
For Pair Skating and Ice Dance there must be equal demonstration of the criteria by both skaters.

504条3項
a)プログラムコンポーネンツ評価は次のように改訂される:
スケーター、ペア、カップル全体の演技は5つのプログラムコンポーネンツによって評価される
スケーティング技術、要素の繋ぎ、パフォーマンス、構成、曲の解釈/タイミング(アイスダンス)。
ペア、アイスダンスは両スケーターによって同じデモンストレーションの一致がなければならない

※PCS評価については思うところがあったりもするので別の更新記事で内容を紹介し、見解を述べたいと思います

Rule 513, paragraph 2, Draws for starting order in Free Skating
For ISU Events, OWG and WYOG
the last two groups are divided into 2 sub
-groups each (top 3+next 3 in Singles, top 2+next 2 in Pairs, top 3+next 2 in Ice Dance) with a separate draw in each sub-group.
The best placed skaters in Short skate in the “later skating” sub-group.

513条2項フリースケーティング抽選に関して
ISUイベント、五輪およびユース五輪では最後の2グループをさらに分類し
各グループを(男女シングルは上位3人と下位3人、ペアは上位2人と下位2人、アイスダンスは上位3人と下位2人)の中で抽選。
SP上位選手は下位グループの選手の演技終了後に演技を行う

Rule 515, Allowance of a delayed start or restart, paragraph 6 (new)
If any Competitor
between being called to the start and taking the starting position is injured or any other
adverse condition related to him or his equipment impeding his
skating occurs, Rule 350,
paragraph 2 applies. If 60 seconds are not enough to remedy the adverse condition, the Referee shall allow the Competitor up to 3 additional minutes applying a deduction for the whole interruption as per paragraph
3.b) above.

515条6項 スタートの延期及び再スタートにおいて
選手名がコールされてスタートポジションにつく際に故障や悪条件の出来事、スケート靴破損などの障害が起きた場合
350条2項が適用され猶予が与えられる。
状況を改善するのに1分間で不十分であればレフェリーの権限で追加の3分の猶予が与えられる


Rule 610, definition of a Spin combination:
Must have a minimum of two different basic positions with 2 revolutions in each of these
positions anywhere within the spin. To receive full value, a Spin combination must include all three basic positions.
The spin combinations with only 2positions are marked with the sign “V”.

610条スピンコンビネーションの定義
スピンコンビネーションと認められるためにはスピン内のあらゆるポジションで
連続2回転以上の異なる基本姿勢二つが含まれていなければならない
スピンコンビネーションとしての完全な基礎点を得るためには3つの基本姿勢を含んでいなければならない。
基本姿勢が2つしか含まれていない場合の印は【V】である


Rule 611, paragraph 2,content of the Short Program, Ladies Senior
e) Layback/sideways leaning spin or sit/camel spin without change of foot

611条2項女子シニアSPの必須スピン
レイバックスピン/サイドウェイズリーニングスピン、もしくは足換え無しのシット、キャメルスピン


Rule 611, paragraph 3, content of the Short Program, Ladies Junior 2016-2017
e) Layback/sideways leaning spin or sit spin without change of foot;

611条2項ジュニア女子SPに要求されるスピン
レイバックスピン/サイドウェイズリーニング、もしくは足換え無しのシットスピン


Rule 611, paragraph 4, part Jump combinations Revise the last part as follows:
c) If the same jump is executed as a solo jump and as a part of the jump combination, the repeated jump
will not be counted (if this repetition is in a jump combination, only the individual jump which is not
according to the above requirements will not be counted).
If an extra jump(s) is executed, only the individual jump(s) which is not according to requirements will
have no value. The jumps are considered in the order of execution.

611条4項 ジャンプコンビネーションの一部については最後の部分を次のように改定する
c)同一ジャンプがソロジャンプとジャンプコンビネーションの一部として実施された場合繰り返されたジャンプはカウントされない。
もしこれがあとで実施されたジャンプコンビネーションの一部だった場合は繰り返し条件に違反している個別のジャンプのみカウントされない
余計なジャンプは無価値である。ジャンプは実施した順に考慮される


Rule 611, paragraph 4, part Spins
Revise
d) as follows:
d) Flying spin:
Senior: Any type of flying spin is permitted with landing position different than in the Spin in one position.
Junior: Only the prescribed type of flying spin is permitted.
Senior and Junior: A step over must be considered by the Judges in the Grade of
Execution. A minimum of eight (8) revolutions in the landing position which may be different from the flying position. No previous
rotation on the ice before the take-off is permitted. The required eight (8) revolutions can be executed in any variation of
the landing position.

611条4項フライングスピンにおける改訂
フライングスピン:シニアは単一姿勢と異なるものであればいかなる着氷姿勢も許される
ジュニアは定められたタイプのフライングスピンのみ許される
シニア、ジュニアはステップオーバーがあった場合GOEに考慮されなければならない
フライング姿勢を着氷してから最低連続8回転しなければならない。フライングスピンの離氷前に回転することは許される
要求される回転数は着氷のいかなる姿勢から8回転である

e) Ladies –sit or camel spin without change of foot:minimum of eight (8) revolutions in this position
e)女子 足換えを伴わないシットまたはキャメル姿勢を行う場合は最低8回転が要求される

Rule 612, paragraph 2, part Repetitions
Change the last sentence:Extra jumps and jump elements:
If an extra jump(s) is executed only the individual jump which is not according to the requirements will
have no value. The jumps are considered in the order of execution.

612条2項繰り返しについて
余分なジャンプ要素について最後の一文を変更する
余計なジャンプが実施された場合繰り返し条件に違反している個別のジャンプのみ無価値とする。実施したジャンプの順に考慮される


Rule 619, part Solo spin combinations
Revise as follows:
Must have a minimum of two different basic positions with 2 revolutions in each of these positions by
both partners anywhere within the spin. To receive full value, a Spin combination must include all three
basic positions by both partners.
Solo spin combinations may be commenced with jumps.

619条 ペアスケーティング揃スピンコンビネーションについて次のように改定する
カップル両方の選手がスピンの中で連続2回転以上の2つの基本姿勢を実施しなければならない。
基礎点を完全に得るためには双方の選手が3つの基本姿勢をスピンコンビネーションで実施しなければならない
ペアにおけるソロのスピンコンビネーションはジャンプによってはじめてもよい


Rule 619,part Pair spin combinations
Revise as follows:
Must have a minimum of two different basic positions with 2 revolutions in each of these positions by
both partners anywhere within the spin. To receive full value, a Spin combination must include all three
basic positions by both partners.
The pair spin combination must include at least one change of foot of both partners. If there is no change
of foot or no change of position by both partners, the element will have no value.

619条ペアで行うスピンコンビネーションに関して次のように改定する
選手の2人ともがスピンの中で最低連続2回転以上の異なる2つの基本姿勢を実施しなければならない。
完全に基礎点を得るためには選手の2人ともが3つの異なる基本姿勢を実施することが要求される
ペアのスピンコンビネーションスピンは両選手が足換えを1回行わなければならない。
足換えを行わなかった場合、姿勢変化を行わなかった場合この要素は無価値となる


Rule 620, paragraph 3, content of the Short Program, Pairs Junior
Revise as follows:
2016-2017
a) AnyLasso lift take-off (Group Five)
c) Double or triple toe loop or Flip/Lutz throw jump

620条3項ジュニアペアSP
2016-2017
a)いかなる離氷のラッソーリフト
b)2回転あるいは3回転のスロートウループ、フリップ、ルッツ


Rule 621, paragraph 5 (former 4), content of Pairs Free Skating,
part Solo jumps, jump combinations and jump sequences Add at the end:
If an extra jump(s) is executed, only the individual jump(s) which is not according to the requirements
will have no value. The jumps are considered in the order of execution.

621条5項 ペアのソロジャンプ、ジャンプコンビネーションまたはシークエンス
余計なジャンプが行われた場合は繰り返し条件に違反する個別のジャンプのみ無価値となる。
ジャンプは実施した順に考慮される

平昌五輪翌シーズンの2018-2019年よりGOE評価が11段階評価に拡大されることや
男子、ペアスケーティングのFS演技時間が縮小され、ジャンプ回数が減ることも可決されたのですが
こちらの改正案には盛り込まれていません。後日発表となるのでしょうね

気になるのは「ジャッジの匿名廃止」でしょうか?
評価の公表についてはもともと以下のルールとなってました

c)Following each Segment a printout indicating the Base Values of all the Elements and
the GOEs and points for the Program Components from every Judge will be issued.
For ISU Championships, Olympic Winter Games, Senior Grand Prix of Figure Skating Events
and Final, the Judges’ marks are listed in a random sequence without any reference to
specific Judges’ names (anonymity).

各部門終了後全ての要素の基礎点と各ジャッジによるGOE、PCS得点が公示される。
ISU選手権、冬季五輪、シニアGPSやファイナルにおいてはジャッジの採点は具体的な名前の記述をすることなく
無作為の配列で並べられる(ジャッジの匿名制)


それに対してノルウェーが出していた提案事項がこちら

For all figure skating competitions, championships, events
and Olympic Winter Games, the Judges names and their respective scores will be published.

Reason: If the judging is transparent it will increase the accountability of the judges. It will attract the media, sponsors
and public in a positive way.
There is a need for greater transparency in order to improve public understanding of the sport of figure skating and
confidence in the judging system. At present the marks given by each judge are not made available to the
public/Skaters/Coaches, which has a legitimate interest in being able to properly read the opinions of each judge during
a major championship, etc.
If the media is denied access to the marks given by each individual judge, this may result in an increase in unnecessary
conspiracy theories regarding judges and the fairness of all figure skating discipline.

全てのフィギュア・スケートの競技会、選手権、大会とオリンピック冬季大会で、ジャッジの名前と彼らの各々の点は公表される。

理由: もしジャッジングが明白(透明)であれば、ジャッジの説明責任が増す。それは肯定的な方法で、メディア(広告媒体)、スポンサーと公衆の心を引き寄せるであろう。
フィギュア・スケートとジャッジングシステムの信頼の公共の理解を向上させる為に、より大きな透明性が必要とされる。現在、各ジャッジから与えられる採点は、正当な興味を持つ公衆/スケーター/コーチが、主要な選手権などで、きちんと各ジャッジの意見を読み取ることが可能にされていない。
もし、メディアが個々のジャッジにより与えられた採点の入手が拒絶されれば、ジャッジと全てのフィギュア・スケート競技(種目)の公平性についての不必要な陰謀説の増加を生ずるかもしれない。

発表された改定案では確かにジャッジの匿名を削除とは発表しました。
ブロガーさん情報などを見てるとISU技術委員会の全面降伏的なご意見が多いのですが
ノルウェー提案のとおり「ジャッジ名と彼ら各々がつけた得点が公表される」とまでの記載になっていないところがどうも引っかかります
考えがひねくれてるからかもしれないですが
なんだか具体的なことに言及していないところに逃げ道を用意しているような気がしてならないです

あとソチ五輪以降GOEやPCS評価が高騰してインフレを招いていることに関しては、個々のジャッジが突出しておかしな採点を行っているというよりは
ジャッジ全体として選手を過大評価しているところもあるんじゃないかと思います
羽生結弦のジャンプみたいに8つの加点要素すべて満たすような要素をこなす選手が現れているというのも一つの要因だと思いますが
これってこんなに高い評価を出すような質だったかなというものが、ジャッジの平均評価が吊り上って高得点になったり
高いGOEにつられてスケーティングや繋ぎが今一つの選手でもジャッジ全体が全て高い評価を出したりもしているので
シャッフルが廃止されてもジャッジの過大評価が無くならない限りやっぱり何も変わらないのではないかと思います
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://figureskatingmaolove.blog.fc2.com/tb.php/189-1afbc8a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PCS評価はどう変わる? «  | BLOG TOP |  » 「ジャッジの匿名廃止」だけじゃ何も変わらない

プロフィール

ぶー

Author:ぶー
選手を混乱させ続け、迷走し続けるフィギュアスケートのルールや
採点のあり方について私なりに思うことを書いていきたいと思っています。
リンクや記事引用はご自由にどうぞ
キムチ派、宇宙人とゆかいな仲間たちは訪問お断り

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (70)
ルール (23)
国内報道 (3)
浅田真央 (13)
オリンピック (5)
フィギュアスケート技術 (2)
大会 (55)
キム・ヨナ (14)
ジャンプ技術 (5)
韓国 (5)
日本選手 (10)
国外選手 (2)
GPS (32)
ステップ技術 (2)

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
521位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
40位
アクセスランキングを見る>>

FC2拍手ランキング

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。