2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どの口が言う?「キム・ヨナの悲劇」

ジャッジの匿名採点制度廃止に韓国メディアが「これでキム・ヨナの悲劇」が防げると大喜びしているそうな

韓国キム・ヨナを泣かせたフィギュアの“匿名採点制”が廃止に=韓国ネット「いまさら遅い」「今からでもヨナに金メダルを!」
Record china
配信日時:2016年6月10日(金) 21時0分


 2016年6月10日、韓国・国民日報によると、国際スケート連盟(ISU)が、フィギュアスケートの審判の匿名採点制を廃止することが分かった。
 スポーツ専門メディア「インサイド・ザ・ゲームズ」は9日、ISUがクロアチアで開催した第56回総会で、2005年から続くフィギュアスケートの審判匿名採点制の廃止を決めたと報じた。

 審判の匿名採点制はこれまで、数多くの批判を受けてきた。2014年2月のソチ五輪で、「疑惑の判定」により開催国・ロシアのアデリナ・ソトニコワが合計224.59点で金メダル、韓国のキム・ヨナが合計219.11点で銀メダルを獲得した時も、メディアやファンからは「ソトニコワの競技力や演技力はヨナを超えるレベルではなかった」と批判が相次いだが、判定は覆らなかった。

 今後は、審判自らが論争を意識せざるを得ないため、偏った判定をすることは難しい。ISUは「採点の透明性を通して信頼が高まることを期待している」と明らかにした。審判匿名採点制の廃止は10月に始まる2016‐2017シーズンから、グランプリシリーズなどで適用される予定だという。

 これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。
  「いまさら遅い」
  「今からでも、ヨナに金メダルを!」
  「キム・ヨナは匿名採点制の最大の被害者だ」
  「これを機に、ソトニコワは点数を操作したことを認めて金メダルを返し、ヨナが2連覇したことに訂正するべき」
  「おかしい判定を受けたのに、潔く受け入れたキム・ヨナの表情が今でも忘れられない」
  「キム・ヨナが引退した今、フィギュアには全く関心がなくなった」
  「これからはロシア勢の点数が少し下がりそう」(翻訳・編集/堂本)


この報道に際し、産経新聞より次のような記事が掲載されました
国際スケート連盟の匿名採点制廃止に韓国メディアが大喜び これで第2のキム・ヨナの悲劇は防げるというけど…

産経新聞 6月26日(日)10時45分配信
 国際スケート連盟(ISU)が6月8日、フィギュアで審判員の匿名採点制を廃止すると決定したと韓国メディアが報じた。採点の透明性を高めることが目的で、2016年10月から始まる16~17年シーズンから適用される予定という。韓国メディアはこの決定を歓迎し、中央日報は「キム・ヨナのような被害者が消えるか」と題し、2年前のソチ五輪でのキム・ヨナに対する採点に改めて疑問を呈した。

 匿名制の端緒となったのが、2002年ソルトレークシティー五輪のフィギュアのペアの採点スキャンダルだ。

 ペアのフリーで、カナダ組はほぼ完璧な滑りを披露。これに対し、ショートプログラム(SP)1位のロシア組は着氷でミスをしたにもかかわらず、ロシアが金メダルを獲得した。すると、ロシアとフランスの審判員の間で何らかの取引があり、ロシアの審判員はお返しにアイスダンスでフランス組に高得点を与えるというもの裏取引疑惑だった。この件に関して、いまだに真実かどうか証明されていない。それなのに、フランスの審判員とスケート連盟会長が公式な調査もなく3年間の資格停止処分を受けた。

 これを契機に採点方法の見直しが図られ、裏取引を防ぐ画期的な採点システムとして匿名制が出てきた。匿名だと、裏取引で約束した通りの得点を本当に付けてもらえたのか確認のしようがないからだ。

 ところが、2010年2月の米誌ニューズウイークには「審査員の母国びいきと裏取引はむしろ悪化している」という記事が掲載された。米ダートマス大経済学部の准教授による研究を紹介したものだ。それによると、自国びいきの傾向は悪化していた。公開採点の時代に比べ、審判員による自国選手のひいき得点は20%上昇していたという。

 そのうえで、各国のスケート連盟が指名するフィギュアの審判員とは対照的に、スキージャンプの審判員は国際スキー連盟の小委員会が指名する。「スケートの審判員は各国の利害を背負っているが、スキーの審判員に求められるのは誠実さだ」と指摘。同誌は「スキーと同様のシステムを採用すれば、フィギュアスケートの採点もましになるかもしれない」と利害関係の生じない採点方式の採用を提案している。

 ISUは今回、この提案を受け入れて採点の改革案をまとめたわけではない。公開制に戻すことで「審判の責任が重くなり、慎重な採点が予想される」とし、「採点の透明性が確保されてフィギュアのファンの信頼が高まるだろう」と根拠のない期待を抱く。中央日報は「どの審判がどんな部分を採点するかを公開するのが核心となる」と論評。「第2の『ソチ騒動』を予防するためだ」と成果を類推する。

 ソチ五輪では、SPでキム・ヨナを下回ったロシアのアデリーナ・ソトニコワがフリーで着氷が乱れたにもかかわらず、ほぼ完璧な演技を披露したキム・ヨナを5点以上離して金メダルを獲得したと、韓国メディアは主張している。しかし、韓国スケート連盟は採点に関して提訴しておらず、いまだに問題視するのは「恨文化」の韓国独特の文化ならではないか。

 それを物語るように、今回の採点法の変更をめぐって韓国のネットユーザーの間では、キム・ヨナが「匿名採点制の最大の被害者だ」とか「ソトニコワの点数操作したのを認めて金メダルを返して」などといまだにネガティブな意見が満載なのだ。

 韓国では10年前までフィギュアはなじみの薄い競技で、専用リンク一つない不毛な環境だった。キム・ヨナの台頭で世間の目が向けられたが、キム・ヨナが引退したことで「フィギュアに関心がなくなった」という国民も少なくない。今回の採点法の改正をキム・ヨナから離れてみない限り、韓国フィギュア界を担う人材が誕生するか疑わしい。


「キム・ヨナの悲劇」とはどの口が言うのでしょうか。
て言うか、もう2年も経つのにまだ言っとんのかて感じなんですけど。

じゃあこちらからも申しあげましょうか

これまで匿名採点の恩恵を受けまくったのはほかならぬおたくの国のキム・ヨナでっせ。
少なくともあなたは四度匿名採点の恩恵を受けている

一度目は2008年GPFのショートプログラム。
ヨナは3Lzが1回転に抜けるミスをやらかしましたよね?
一方の浅田真央は3F+3Lo、3Lz、2Aの難度の高い構成を決めてパーフェクトでした。
ところが糞ジャッジはヨナのジャンプにはじゃんじゃん加点を与え、真央には限界ぎりぎりまで減点評価をして
ミスありのヨナをトップに立たせたというのに。

二度目は2009年のGPF。
SPでは完璧な演技をした安藤美姫がトップに立ち、FSでミスったのは3Sだけだった。
ヨナはSPではセカンド3Tが回転不足になり、3Fは1回転すっぽ抜けをやらかしましたよね。
なのに僅差で2位となり、FSでもミスをしたのに安藤から優勝を奪い取ったというのに。

三度目は2010年トリノワールド。
SPであなたはジャンプでミスをし、スピンはノーカン、スパイラルでもミスをして7位と出遅れ
FSでも3Sで転倒し、2AがノーカンになったというのにSPもFSもパーフェクトだった浅田真央を上回った。
このような記事が出たのをお忘れでしょうか
キム・ヨナ疑惑
ヨナ、ついに世界中からついに猛批判
(東京スポーツ2010.03.31)

27日のトリノ・フィギュアスケート世界選手権女子フリーでミスを連発したヨナが、ほぼ完璧な演技だった浅田真央(19=中京大)の得点を上回り“まさかのフリー1位”。ショートプログラムでの出遅れが響き、優勝した浅田には届かずの銀に終わったが、あまりに不可解な採点に世界中から「あり得ない」「審判から何らかの配慮があったことは明らか」など不信感が募っている。

前日のSPで精彩を欠き、ミスを繰り返して7位だったヨナは、フリーでも3回転サルコーで転倒、2回転半も抜けてしまい会場からはため息が漏れた。それでも130・49の高得点。その後、最終組に登場した浅田は、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は2つ目が回転不足とされたものの、2回ともしっかり着氷。ほぼノーミスの見事な演技で観客を魅了した。ところが浅田の点数はヨナを下回る129・50。誰もが目を疑う低評価に会場からは大ブーイング。
実況していた英ユーロスポーツの解説者は「おかしい。本当に間違っている」と発言。「トリプルアクセルは非常に難しいジャンプなのにコンビの点数はたったの9・5。これは誰かさん(ヨナ)のトリプルルッツ+トリプルトーループより低いんですよ」と半ばあきれたように採点の理不尽さを指摘した。

また、中国メディアの中国新聞網は「キム・ヨナの銀は意外だった」とした上で「審判から何らかの配慮があったのは明らかだ。フィギュアスケートにおける悲哀と言わざるを得ない」と報道。「表彰式でヨナに送られた拍手は、優勝した浅田はおろか、銅のラウラ・レピストよりもずっと少なかった」と付け加えた。

浅田、ヨナによるフリーの演技は大手動画共有サイト「ユーチューブ」などに掲載されて全世界に発信されたため、世界中のファンに閲覧され、国際スケート連盟(ISU)やヨナを非難する書き込みであふれている。

日本語での書き込みは浅田への祝福やねぎらいが主だが、海外からは英語で「どう採点すればヨナが真央の得点を超えるんだ!」「ISUによる不正判定はフィギュアスケートへの冒とくだ」「ヨナはいくら払ったんだ」など、辛らつな意見がほとんどだ。

これに対し韓国のネット上では「ヨナは失敗したから130点だった。本来なら150点だったはずだ」「日本は優勝したのにつべこべ言うな!真央の点数こそ詐欺だ」などと感情論だけでヨナを援護している。ただ「こんな採点ではヨナもかわいそう」と書き込んだファンもいる。不可解採点で2位になったヨナも、ある意味被害者かもしれない。

「配慮があったのは明らか」ヨナの銀メダルに中国メディアが疑問を呈す
サーチナ 2010/03/29

 27日にイタリア・トリノで行われたフィギュアスケート世界選手権で、2位でフリープログラムに臨んだ浅田真央選手は完璧(かんぺき)とも言える演技で197.58点を記録して金メダルを獲得した。一方、バンクーバー五輪で金メダルを獲得した金妍兒(キム・ヨナ)選手はショートプログラムでの出遅れがひびき、銀メダルに終わった。

 これに対し、中国新聞網は「キム・ヨナの銀メダルは意外だった」とし、ジャンプの転倒と回転不足があったにもかかわらず、ほぼノーミスの浅田真央選手(129・50点)より高い130.39点という全選手中最高の得点を獲得したことに疑問を呈した。

 続けて記事では、「完璧な演技を見せた浅田真央選手の点数がキム・ヨナ選手よりも低かったとき、会場からはため息が聞こえた」とし、表彰台でキム・ヨナ選手に送られた拍手は、金メダルを獲得した浅田真央選手はおろか、銅メダルのラウラ・レピスト選手よりもずっと少なかったと報じた。

 また、キム・ヨナ選手が獲得した点数に対し、記事では「ジャッジから何らかの配慮があったのは明らかだ」と指摘し、「フィギュアスケートにおける悲哀と言わざるを得ない」と報道。

 さらに、「ジャッジが見せた『えこひいき』はフィギュアスケートというスポーツの公平性をさらに失わせることとなった」とし、今回のような事件が今後のスポーツ競技で起きないことを希望するばかりであると報じた。(編集担当:畠山栄)

トリノに関して言えば、あなたは本来台落ちレベルですよ
(ラウラ・レピストの3トリプルで銅メダルもおかしかったけど)
あなたは匿名採点に守られて真央からはFSの金のスモールメダルを、
安藤美姫の銀メダルを、カロリーナ・コストナーから銅メダルを奪い取ったのですよ

四度目は2011年モスクワワールドですよ。
あなたはSPの3LzでミスをしてFSでもジャンプで二つのすっぽ抜けをやらかしましたよね。
なのにSPではノーミスの安藤美姫を抑えて首位に立ちFSでも2位に入ってしまいました
このときのあなたの演技も本来は台落ちレベルでっせ。
安藤からSPで金のスモールメダルを、FSではコストナーから銀メダルを、アリョーナ・レオノワから銅メダルを奪い取った

ヨナは「All Podium(シニアに上がって一度も台落ちしたことの無い選手) 」を達成して引退しましたが
少なくとも2度は台落ちを免れている
これを「匿名採点制度に守られている」と言わずしてなんといえばいいのでしょうか

ソチ五輪に関してメダルを獲得したキム・ヨナ、アデリナ・ソトニコワ、カロリーナ・コストナーの動画を貼っておく

ヨナ


ソトニコワ


コストナー

三者の中でアデリナ・ソトニコワは3F、3T2度のトリプル5種7度。
カロリーナ・コストナーは3T、3S2度ではあるものの同じくトリプルは5種7度。
キム・ヨナは3Lz、3S2度のトリプル4種6度。
ソトニコワもソトニコワもスピン、ステップはすべてレベルを獲りきった。
一方のヨナはスピン1つとステップ1つがレベル3にとどまった。
どちらもレベル4を獲り切れる構成ではなかったからである。

演技内容でいえばソトニコワもコストナーも最初から最後までスピードに乗っていた。
コストナーは「ボレロ」の音楽のテンポ、音の強弱全てがピタッとはまる演技だった。

一方のヨナは序盤の3Sからジャンプの質が悪くなり後半どんどんスピードが落ち音楽に合わせられなくなっていた
振り付けはスカスカでエレメンツ配置にもかなり偏りがみられた。

ぶっちゃけFS順位は
1.アデリナ・ソトニコワ
2.浅田真央
3.カロリーナ・コストナー
4.キム・ヨナ
でもおかしくなかったくらいだ

多くの選手が5種7トリプルという構成を組む中で1人4種6トリプルしか跳んでいないのに
70e5751d695a4c16.jpg
 

こーんな軸ブレのあるスピンで
ソトニコワ、ヨナスピンの軸比較

こーんな偏りのあるエレメンツ配置で
yu na kim エレメンツ配置2

なぜヨナは金メダルを強奪されたといえるのか。悲劇のヒロインといえるのか。

見ている側から言えばソチに限って言えば
悲劇とはどちらもほぼノーミス演技をしたのにヨナに銀メダルを奪われたカロリーナ・コストナーだよ。

来季からジャッジの匿名制が廃止されますが
GOEの目減りはあっても完成度を重視する傾向は変わらないと思いますが
特定の選手への依怙贔屓採点で浅田真央ら他の選手が受けてきた悲劇、
ソチでカロリーナ・コストナーが受けた悲劇が繰り返されることの無いことを切に祈ります

スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://figureskatingmaolove.blog.fc2.com/tb.php/195-8d78eb1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ルール変更は羽生包囲網にはならない «  | BLOG TOP |  » 真央、新プロは【リチュアルダンス】

プロフィール

ぶー

Author:ぶー
選手を混乱させ続け、迷走し続けるフィギュアスケートのルールや
採点のあり方について私なりに思うことを書いていきたいと思っています。
リンクや記事引用はご自由にどうぞ
キムチ派、宇宙人とゆかいな仲間たちは訪問お断り

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (70)
ルール (23)
国内報道 (3)
浅田真央 (13)
オリンピック (5)
フィギュアスケート技術 (2)
大会 (55)
キム・ヨナ (14)
ジャンプ技術 (5)
韓国 (5)
日本選手 (10)
国外選手 (2)
GPS (32)
ステップ技術 (2)

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
521位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
40位
アクセスランキングを見る>>

FC2拍手ランキング

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。