2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スケートアメリカ女子シングル終了

女子シングルFSが終わりました。

FS順位はこちら
2016 skate america ladies Free result

プロトコルはこちら:www.isuresults.com/results/season1617/gpusa2016/gpusa2016_Ladies_FS_Scores.pdf

総合順位は以下の通りになりました
2016 skate america ladies final result

それでは演技の雑感を。。。


優勝はアシュリー・ワグナーでした

プログラム曲は『エクソジェネシス』
2Aは綺麗に降りましたが3F+3TのセカンドはまたしてもUR判定。後半3FもUR.
あと、後半の3Fから着氷からランディングポーズをとる過程で氷上を擦る癖が出るわ出るわで減点だらけでした
スピンもレベル4を一つも獲れていません
基本のスケーティングはFSの方はのびやかさは出ていましたがステップでは相変わらずスケートが滑ってない気が
それでもPCSは70点と断トツでした
テクニカルの河合雅子が厳しめの判定をとるのでスケアメから130点越えはなりませんでした
『エクソジェネシス』というとジェレミー・アボットの優雅な余韻のある演技を思い出しますが
アシュリーのはちょっと動きがせかせかしていたかなと。所作に余韻が感じられないのが残念。
衣装は今回もおしゃれ番長さんでした

2位にはマライア・ベルが入りました

プログラム曲は「エデンの東」
ハーフループを挿む3連続の第3ジャンプの3Sが2回転になった以外はジャンプは全て入りました
質も非常によかったです
ステップは一つ一つ丁寧にこなしていたと思います
課題はスピンでしょうか。レベルは1つもレベル4を獲得できていなかったです
マライアはエドムンズ故障によって変わってエントリーした選手でした
怖いもの知らずで臨んだGPSで持てる力は全て発揮できたと思います。
ほぼノーミスで終えたことで本人もガッツポーズでした
スケアメのジャッジは「エデンの東」大好き。男子の町田樹もソチシーズンこのプロを機に大きな飛躍を遂げてワールド2位に入りました
マライアも今季大きくジャンプアップしてワグナー、GG、エドムンズらに割って入れるでしょうか。
長洲未来も今季復活の兆しがあるだけにアメリカの3番手争いはより熾烈になりそうです

マライアが表彰台に上がるとは思わずSPを紹介し忘れました
プログラム曲は「シカゴ」

今季台風の目になるかもしれない彼女。皆様もプロと名前をしっかり覚えておきませう


3位には三原舞依が入りました

プログラムは『シンデレラ』。ディズニー実写版の方だと思います。
後半の2A+3Tのところでセカンドが2回転になり、続く3Lzのところでセカンド3TをつけましたがDG両足。
それ以外はミスはありませんでした。今回もフリップ、ルッツの跳びわけは◎。こっちはエッジエラー見逃しじゃない。
日本から漸く完全に跳びわけできる選手が出てきてくれてうれしい。
宮原でもときどき3Fがアウトになったりしますからこれからもノーエラーが続きますように。
ステップのところの音楽が非常にテンポがいいので負けずにスピードに乗って踏めるといいですね。
若さを全面的に押し出したはつらつとした演技でした
実写版の映画の方ならロイヤルブルーの衣装もいいかも
マライア・ベルに惜しくも敗れて順位は一つ落としてしまいましたがそれでも表彰台は立派。次が2位ならファイナル進出もあるよ


4位にはガブリエル・デールマンが入りました

プログラム曲は「ラプソディ・イン・ブルー」
3Lzでは両手タノをつけようとして転倒。高さや飛距離でもGOEを稼げるジャンプの質なので無理にタノをつけなくてもよかったのでは?
3Fは!判定。後半3Loも2回転に抜けました
SPではただ一人ステップでレベル4判定を受けましたがFSはレベル3どまり。
結局女子は誰もレベル4は獲得できませんでした。キビシ-(>_<)
SPよりはスケーティングに緩急をつけられていたのではないかと思います
昨季からカナダはデールマン、シャルトランとどんどん力をつけてきてるなーと思ってたらどちらのバイオグラフィーにも
コーチにブライアン・オーサーの名前がありました。デールマンもチームクリケット?
恐るべしオーサーブランド。


5位はグレイシー・ゴールドでした


FSはラヴェルのバレエ音楽「ダフニスとクロエ」。
コレオからはいる構成で2Aは降りましたが3Lz+3T予定がセカンドは2回転に。
GGのルッツは高さや飛距離はいいのですが、良すぎてフェンスギリギリになるのでもう少し手前で踏み切った方がいいかも
今回は着氷で体勢が崩れてしまいましたので無理にセカンド3回転をつけなくて正解。
3Loは転倒しました。2A+3T+2Tは綺麗に入りました。
3Fは2Tをつけてコンボを予定していましたが2回転に抜けた上にe判定。
セカンド2Tは使い切ってしまいましたので単独に。3Sも転倒してしまいました

「ダフニスとクロエ」は捨てられていた男の子ダフニスと,これも同じく捨子の女の子クロエが,それぞれ島の牧人に拾われて成長し,年ごろになるにつれて互いに愛しあうようになる。そこに海賊が現れダフニスは連れ去られそうになり,また戦争がおきて敵の船にクロエがさらわれ,二人の間に危機がおとずれる。ようやく救出されたクロエに今度は別の求婚者が現れたりしてさまざまな波乱がおこるが,最後には二人とも身分の良い家柄の生れであったことが判明し,めでたく結ばれるという物語。(コトバンクより引用)
ゴージャス衣装からして演じているのは好奇な家柄と知った後のクロエでしょうか?
ミスがいっぱいあって元気のないクロエになってしまったのが残念。
ワグナーが点数を抑えられて、GGが最終滑走で「GG逆転優勝」のおぜん立ては整っていたのですがここで勝ちきれずにミスで沈んでしまうのがワグナーとGGの現在の差なんだろうな


真央は6位フィニッシュとなりました


FSは「リチュアルダンス」オケバージョン。
3F+3Loを予定していましたが第1ジャンプに高さが無かったです。着氷で回りすぎてセカンドは2Loに。
3Lzは踏切は認められたもののUR判定。
回転はどうなんでしょうかね?つべ映像ではセーフじゃないの?という風にも見えるのですが。
2A+3Tも入りませんでしたし3SはUR転倒、3Fからの後半のコンボも2回転に抜けるなど苦い結果に終わりました
2Aの入りの際に膝がいつもより伸びていて跳ぶことが苦しいような印象さえ受けました
本人は弱音を吐くことは絶対にありませんがまだ膝の具合が思わしくないのかもしれません
6位フィニッシュでファイナルは早くも絶望的となりましたがTEBが終了すれば全日本まで約1か月時間ができますので
その間膝の痛みを緩和できたら、と思います
今回の「リチュアルダンス」は途中悪魔祓いで追い払ったはずの亡き夫がまた化けて出てきて
ピンチ連続のカンデーラのような演技となってしまいましたが
最後には夫の亡霊を追い払えるような強い強いカンデーラを演じられるものと信じています
アンチどもがまた「真央はオワコン」の大合唱するんだろうけど真央はまだ終わってない。
ルッツの踏切は徐々に認定されつつあるからまだ未来は明るい


村上佳菜子は10位となりました


プログラムは『トスカ』より「星は光ぬ」。
3Lzを外した3F、3S2度の4種6トリプルの構成でしたが最初の3Lo、3FはUR判定。
予定していた2A+3Tも第1ジャンプ、第2ジャンプ共に回転が抜けて1A+2Tに。
後半3FはDG両足着氷でコンボはつけられませんでした
スピンでレベルの取りこぼしもあるなどこちらもミスと回転不足の多い演技となってしまいました

真央が一度は競技を離れてからすべて背負わないといけないと思い込んでいるのか
大人の演技をしなければならないと思っているのか
佳菜子のここ最近の滑りはあまり滑ることを心から楽しんでないというようにも思えます
(真央以上に佳菜子には回転不足判定が厳しく点数が伸びないから、というのもあるんだろうけど)
佳菜子の振り付けはずっと樋口美穂子氏が担当していますが
真央がスケートを辞めたいとまで思い詰めていた時にローリーが「アイ・ガット・リズム」を用意してくれたように
彼女が心からスケートが楽しいと思えるようなそんなプロを一度は滑ってもいいんじゃないかと思う
同じ明るい曲でも22,23歳の佳菜子ならではの演技ができるはず。
佳菜子にはもう一度「スケートをすることが楽しい。演技することが楽しい」という気持ちを取り戻してもらいたいと切に願っています

女子シングルパネルジャッジの並び順はこちらでした
2016 skate america ladies free panel judge
FSも河合雅子氏がビシバシ容赦ない判定を下しましたのでまあスピンのレベル取りこぼしの多い事。
女子はインフレ採点無しのGPS開幕となりました

アシュリー、舞依、マライア、表彰台おめでとう!!
舞依は「ファイナルは自分が行くんだ!!」くらいの気概を持って次戦に臨んでほしいですね
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://figureskatingmaolove.blog.fc2.com/tb.php/212-b1c9233b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スケートアメリカ男子終了 «  | BLOG TOP |  » GPS男子シングルSP雑感

プロフィール

ぶー

Author:ぶー
選手を混乱させ続け、迷走し続けるフィギュアスケートのルールや
採点のあり方について私なりに思うことを書いていきたいと思っています。
リンクや記事引用はご自由にどうぞ
キムチ派、宇宙人とゆかいな仲間たちは訪問お断り

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (70)
ルール (23)
国内報道 (3)
浅田真央 (13)
オリンピック (5)
フィギュアスケート技術 (2)
大会 (55)
キム・ヨナ (14)
ジャンプ技術 (5)
韓国 (5)
日本選手 (10)
国外選手 (2)
GPS (32)
ステップ技術 (2)

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
628位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
35位
アクセスランキングを見る>>

FC2拍手ランキング

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。