2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真央はなぜステップでレベル4を獲得できなかったのか~独断と偏見で考察②SP編

スケートアメリカSP、浅田真央の動画を元にどんなステップ、ターンを踏んでいたのか検証していきます
ステップシークエンスの開始は足換えコンビネーションスピン直後の2:14からです
レベルにカウントされるターンはロッカーカウンターブラケットループツイズルチョクトー
「両方向に」とは【CCW(反時計回り)】【CW(時計回り)】


素人の解析なのでところどころ誤りがあるかもしれませんが、そこはご容赦ください

LFOでランジ。CCWにターン
LBIループ
(CCW)
腕を回す
トウステップ
LFI-RBIモホーク(CCW)
LFIイーグル(CW)
前を向きながらホップ
RFO-LFI踏みかえ
LFI-RBOチョクトー(CCW)
RBO-LFIチョクトー(CW)
LBO→LBI(CCWチェンジエッジスリー)
RFOに乗り換え
RFOツイズル(CCW)
RBIループ(CW)
LBO-LBIチェンジエッジ
RFOに踏み込んでRBIスリー(CW)
LBOに踏みかえ
RBIに踏みかえ
ホップしながらLBOに踏みかえ
時計回りに半回転ホップしながらLFI踏みかえ(?)
LFI-RBIモホーク(CW)
LFOに踏みかえ
反時計回りにホップしながらターン
更にホップしてLFO
LFO-LBIスリー(CW)
ホップ
,右足をついた後LFIに乗り換え
LFI-LBOブラケット(CW)
LBO-LFOロッカー(CW)
LFO-LBOカウンター(CW)

RBIに踏みかえて左トウをトンとつく
RBI-RFOスリー(CW)?(サイドから背面にカメラが切り替わるのですが足元はどうもターンらしきものをやってる)
(不明)
RBI-RFOスリー(CCW)
LFO踏みかえ
RFI踏みかえ
RFI-RBOブラケット(CW)
RBO-RFOロッカー(CCW)
RFO-RBOカウンター(CCW)

LFOに踏みかえ
LFO-LBIスリー(CCW)
RBI踏みかえ
LFOに踏みかえ
LFO-LBOロッカー(CCW)
LBO-LFOカウンター(CCW)
LFOツイズル(CCW)

RBO踏みかえ
両腕を後ろに広げながら右トウでストップ
左、右で足踏み
左、右、左と前進しながら両腕をひじを曲げた状態で挙げ、
一拍ずつトウを前進していきながら Eで肘、両腕を上げ、3歩目の左足を踏み出す時に腕を上に上げる
上げた両腕を後ろに広げて降ろしながら目線は横に。
RFI
LFO踏みかえ
LFO-LBIスリー(CCW)
LBI-RFIモホーク(CCW)
LFI踏みかえ
RFIから両手を広げて反時計回りにホップしながらターン
RBO
RBO-LFO踏みかえ
ストップ
ピョンと跳んでフィニッシュポーズ


真央のステップにはロッカーが3回とツイズル、ブラケット、カウンター、ループ、チョクトーが2回。
ブラケットのみCWが2回で他の5つの難しいターン、ステップをCCWとCWの両方向に1回ずつ計2回踏んで
レベル4を獲得できる構成にはなっています

しかしながらループに関しては小さな円を描ききる前にもう一方の足がついてしまっているように見えます
これではループは1方向に1度しかやっていないと見なされても仕方がありません
gif.gif

3連続のディフィカルトターン1つ目。GIFを作ってみました
SP3連続のディフィカルトターンその①
真央が行ったのは
LFI-LBOのブラケット(CW)
LFBO-LFOロッカー(CW)
LFO-FBOカウンター。(CW)

ところが3つ目のカウンターに関してターン後のカーブに左足が乗ると同時に右バックインにものっているようにもみえます
これが原因で3連続のディフィカルトターンをやっていないと見なされた可能性があります
また、CWのカウンターは1つ目の3連続でしか実施していません。
CWのカウンターが認定を受けないとCCWしか実施していないことになり
レベル4が要求している「5種類は両方向に実施」から外される
ことになります

3連続のディフィカルトターン2つ目
gif(1).gif
ここだけ大きく引き画像となっていますがトレースから推測するに実施されたのは
RFI-RBOブラケット(CW)
RBO-RFOロッカー(CCW)
RFO-RBOカウンター(CCW)
ブラケットは踏む足こそ違っていますが同じ(CW)です

3連続のディフィカルトターン3つ目。
gif(2).gif
実施したのは
LBO-LFOロッカー(CCW)
LFO-LBOカウンター(CCW)
LBOツイズル(CCW)


はい、日刊スポーツ記事内容を思い出して見ましょう
『ターンが若干足りなかったり、本来片足で踏むべき個所を両足で踏んでいた』
とあります(くどいようですが記事の方は間違いです)

真央はロッカー、ブラケット、カウンター、ループ、ツイズル、チョクトーのうち
最初のループは小円を描く途中で右足を降ろしてしまったことで除外されているように思います
また最初の3連続のターンでCWカウンターがカウントされなかったこと
もともとブラケットが踏む足が違えど方向はCWだけであることによって

両方向に行っていたターン、ステップはロッカー、ツイズル、チョクトーの3種類だけということになります

結局真央は11の難しいターン、ステップを踏んだだけと見なされてレベル3判定にとどまってしまったのではないでしょうか

今季ステップシークエンスに関してはかなり厳しくなっていて
レベル4に関しては難しいターン、ステップを11個を踏み
うち5つはCCWとCWの両方向に踏まなければならない
ことになっています
レベル対象になるターン、ステップは6種類しかありませんしいくつ同じものを踏んでもレベル対象としてカウントされるのは2度までですので実質この6つのターン、ステップを2度ずつ両方向に踏まなければならないことになります。
また、今季よりレベル4に関係なく3連続のディフィカルトターンを右の足、左の足で1度ずつ踏まなければなりませんのでターンやステップの数が要件を満たしていても3連続のディフィカルトターンの片方の足がエッジが曖昧だったり片足で踏むところを両足がつくことだけでもレベル3どまりになります

最初のループと唯一のCWであるLFI-LBOのカウンターをしっかり正確に踏むこと。
この2点に注意すればレベル4はクリアできます。
ステップシークエンスに関しては非常にスピーディーに音楽をしっかりとらえて踏めていますしパワーがみなぎっている。
途中で足を降ろすという凡ミスさえなければ女子では最も難度の高いステップでもあるのでGOEも増やせるでしょう
次に出場するTEBまでにはしっかりと修正してくれるものと期待しています

FP「リチュアルダンス」についても頑張って解析を進めてますのでもうしばらくお待ちください


スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●

素晴らしい分析ありがとうございます。真央ちゃんが演技後あんな風に言うの珍しいんで心配してました。ローリーのチェッカーにも問題ありますよね。。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://figureskatingmaolove.blog.fc2.com/tb.php/220-99d33519
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

真央はなぜステップでレベル4を獲得できなかったのか~独断と偏見で考察③FS編 «  | BLOG TOP |  » 真央はなぜステップでレベル4を獲得できなかったのか~独断と偏見で考察①ステップお勉強編

プロフィール

ぶー

Author:ぶー
選手を混乱させ続け、迷走し続けるフィギュアスケートのルールや
採点のあり方について私なりに思うことを書いていきたいと思っています。
リンクや記事引用はご自由にどうぞ
キムチ派、宇宙人とゆかいな仲間たちは訪問お断り

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (70)
ルール (23)
国内報道 (3)
浅田真央 (13)
オリンピック (5)
フィギュアスケート技術 (2)
大会 (55)
キム・ヨナ (14)
ジャンプ技術 (5)
韓国 (5)
日本選手 (10)
国外選手 (2)
GPS (32)
ステップ技術 (2)

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
708位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
44位
アクセスランキングを見る>>

FC2拍手ランキング

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。