2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GPSスケートカナダ女子シングル終了

女子シングル競技が終了。
FSの結果、総合順位は以下の通りになりました

FS結果はこちら
2016 skate canada FS result ladies

最終結果
2016 skate canada final result ladies

プロトコルはこちら:www.isuresults.com/results/season1617/gpcan2016/gpcan2016_Ladies_FS_Scores.pdf


優勝はエフゲーニャ・メドベージェワでした

プログラム曲は映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』より。
3F+3T は第1ジャンプでタノ。珍しく3Lzで!判定。ただし着氷後すぐにイーグルを踏んでいるのでGOEはプラスでしたが
(欲を言えばイーグルをもっと長くして動きに余韻がほしいです)
後半単独2AでUR判定を受けてしまいました。これも珍しい。
どちらかというと回転がやばかったのは3S+3Tのセカンドジャンプの方ではないかと思います。
それでも初戦としてはまずまずでしょう。(まずまずの演技で144点もすげぇーですが)
メドベのジャンプは直前や直後に繋ぎをふんだんに盛り込んでいるのでGOEも高くつくのですが
ジャンプ着氷後の流れってこんな悪かったっけ?というくらいスムーズさが無い。
見た目に体型の変化はなさそうだけどそろそろロシアンタイマー発動しかけてるのでしょうか?
来季は大事な五輪なのでそれまではなんとか持ちこたえてほしい


2位はケイトリン・オズモンドでした

プログラム曲は「ラ・ポエーム」。
3F+3Tは綺麗に入りましたが続く2A+3Tを予定していましたが、第1ジャンプでオーバーターン。
体重移動が無いのでコンボとして認められました。第1ジャンプで目に見えるミスをしてるのに±0は無いでしょう
3Fは!判定。3Loは回転が足りずに転倒してしまいました。
メドベほど繋ぎはふんだんには入ってませんがオズモンドの滑りには一蹴りにのびやかさがある。
急激に得点を伸ばしてきて地元上げなどといわれて、多少はそういうところも無きにしも非ずですが
オズモンドのコーチは女子のテクニカルで技術審判を務めたラヴィ・ワリア氏なんですよ。
技術審判が振り付けやコーチとして関わっている種目に関してはオフィシャルに入ってはいけないというルールがあって(アマーノが男子の技術審判をしないのもこの理由。男子でドイツ選手の振り付けをやってる)オズモンドを指導するようになってからは女子の大会では技術審判に入ってはいませんが、それまでは良く大会でもオフィシャルに入っていらっしゃいました。
キム・ヨナのジャンプに関して回転不足判定やフリップの判定を出したこともある厳しい技術審判でした
当然のことながら技術委員会にもパイプはありますし判定の出方、得点の出方にも熟知していらっしゃる。
そのワリア氏がつきっきりで指導してきたので彼女が持てる力を発揮できれば高得点の見込める選手ではあります。
平昌五輪に向けてメダル候補に駆け上がってくる可能性を秘めた選手だと思います


宮原知子は3位に入りました


プログラム曲は「ジュピター」[スターウォーズ]など。
見た目にはミスのない演技をした宮原ですがFSも回転不足やらフリップで判定を受けました。
ステップは何とノーカン。ステップの定義には『短辺フェンスしようなら2回、長辺をしようなら1回リンクをいっぱいに使わなければならない』とありますが、短辺フェンス1回しか使えていなかったというのがその理由のようです
USインターナショナル、ジャパンオープンと認定を受けてレベル4を獲り続けていましたが今回の技術審判が厳しかったのか、これまでステップとして認定されていたこと自体がおかしかったのか。
エッジが浅いとか甘いとかなら本人の技量の差だけどパターンに関しては振り付けにも問題があるんじゃないかと思います。
NHK杯まで約4週間ありますので早急に手直しが必要なのではないでしょうか?


エリザヴェータ・タクタミシェワは4位フィニッシュでした

冒頭で3T+3Tを予定していましたが第1ジャンプを降りた後、トウをついて跳び上がろうとする際にフリーレッグがもつれてセカンドは跳べませんでした
3Lz+2T+2Lは予定通り跳び、3Fにセカンド2Tをつけてリカバリーしました。後半に3S+2Aの3つ目のシークエンスも綺麗に降りました。
単独ジャンプが着氷で乱れた際に、体重移動が無いまま勢い余って1回転ホップして回る分にはコンボとしてはカウントしないという規約はありますが、リーザの場合は左のトウをついて「ジャンプを跳ぶ体勢」に入ってしまっていますのでこれはコンボとして扱うべきではなかったのではないかと思います。
単独で3Tを跳ぼうとして同様のことをやったら絶対に『T』としてウェルバランスで認められているジャンプの要素にカウントされてしまいます。
この点については判定は甘かったのではないかと大いに疑問を感じました


アレーヌ・シャルトランは5位フィニッシュでした

プログラム曲は『クレオパトラ』。
3Lz+3Tは綺麗に降りました。3Fはがっつりアウト踏切で回転も足りなかったので基礎点は6割に。これは痛い。
後半の3Lzも回転は足りてませんでした。それでも昨季はミスの多かったシャルトランもジャンプは少しずつ安定してきていると思います
2A+1Lo+3Sについてはハーフループを直前にエッジが変わってしまってるような気がするんですがこれってOKなん?
ブライアン・オーサー氏が指導に関わるまでは3Aに意欲的にチャレンジしていたシャルトランですがもう諦めてしまったんでしょうか
(オーサーはできることしかさせないからね。それも勝つためだからなんだろうけど)
曲目は異なりますがシャルトランもクレオパトラがテーマ。リーザは観勒ありありなクレオパトラでしたがシャルトランのは女王になりたてのクレオパトラという気がする


本郷理華は6位に順位を落としてしまいました

プログラム曲は「アラビアのロレンス」
見た目は多少着氷がオットットになってもノーミスだったのですが回転不足が刺さりまくりました。
まともに認定を受けたのは最後のタノ3Sだけ。「お前はジャンプを跳ぶな」といわれているかのよう。
これでは得点は伸びないです。ルッツはe判定を食らうほど酷いインサイドではなかったと思うけど。
次戦は中国杯ですが回転不足のあったところをしっかりと修正していただきたいです


キム・ナヒョンは8位フィニッシュでした

プログラム曲は中国映画『LOVERS』サントラ。
3Lo+3Loは認定を受けましたがセカンドは回転が足りてなかったような気が。
3Lzのe判定は厳しいと思いましたがスローで見たらインサイドでした。
韓国の選手はルッツを正確に跳び、どちらかというとフリップの踏切が曖昧という選手が多いのですがフルッツの選手は珍しい方ではないでしょうか。習得時にちゃんとしたルッツを指導してもらえなかったのでしょうか
セカンド3Loが絶滅危惧種になりつつある中でキム・ナヒョン、ノービスのユ・ヨンと韓国でも跳び続ける選手が出てくれるのはありがたいです
もっともっとセカンド3Loに挑戦する選手が増えてほしいと思います


長洲未来は9位フィニッシュ。

プログラム曲は『The Winner Takes It All』
お前はジャンプを跳ぶなといわんばかりにUR判定、DG判定がグサグサ刺さりまくりました
ジャンプ全てで何らかの判定を受けています。2A+2T+2Tを跳んだ後にもう一度2A+2Tを跳んだので最後の2Tのみノーカンを受けました。
今季よりコンボの中でジャンプが重複した場合は重複したジャンプのみノーカンとなりますしジャンプの質が良ければGOEがつくということになりましたのでこれは助かりましたが、それにしても最初のコンボと3Sまでの前半のジャンプに関しては回転不足判定は厳しかった
他にもジャンプの回転がやや怪しい選手がいましたが厳しくとる人と獲られない選手の差って何なんだろう?


永井優香は11位フィニッシュでした。

プログラム曲は『レジェンド・オブ・フォール~果てしない想い』
3Lz+2Tは入りましたが続く3LoはUR判定。これはちょっと厳しかったと思います
最後の3Sからの3連続もUR判定は厳しかったような。
昨年この大会は3位表彰台でしたが今回はSPの出遅れなどもあり順位を上げられないまま終わってしまって悔しい結果となってしまいましたがこの悔しさをばねに次の大会で頑張ってもらいたいですね


宮原知子が3位に入ってなんとかファイナル進出への望みをつなぎました。
次の大会で優勝してファイナル行きを決めてほしいものです。
表彰台の選手のみなさんおめでとうございました!
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://figureskatingmaolove.blog.fc2.com/tb.php/226-33f4e8a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

GPSスケートカナダペア競技終了 «  | BLOG TOP |  » GPSスケートカナダ男子シングルSP

プロフィール

ぶー

Author:ぶー
選手を混乱させ続け、迷走し続けるフィギュアスケートのルールや
採点のあり方について私なりに思うことを書いていきたいと思っています。
リンクや記事引用はご自由にどうぞ
キムチ派、宇宙人とゆかいな仲間たちは訪問お断り

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (70)
ルール (23)
国内報道 (3)
浅田真央 (13)
オリンピック (5)
フィギュアスケート技術 (2)
大会 (55)
キム・ヨナ (14)
ジャンプ技術 (5)
韓国 (5)
日本選手 (10)
国外選手 (2)
GPS (32)
ステップ技術 (2)

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
628位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
35位
アクセスランキングを見る>>

FC2拍手ランキング

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。