FC2ブログ

2018-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GPSロステレコム杯男子シングルSP

更新が亀過ぎて申し訳ありません。今更、ですが男子シングルSPです

男子SP結果はこちら
2016 rostelecom cup SP result men
プロトコルはこちら
http://www.isuresults.com/results/season1617/gprus2016/gprus2016_Men_SP_Scores.pdf

首位発進は宇野昌磨でした

公式練習では4F、4Tコンボが怖いくらい絶好調だったようですが本番ではどちらも失敗。
4Fは片手お手つきに。チョクトーからスリーターンに入って跳んでいますがステップがやや曖昧だったりもします。もう少しはっきりと踏んだ方がいい
ダブルスリーからの4T+3Tでは実は4Tを降りた時に重心が踵に乗ってしまってました。無理にセカンド3Tを跳ばなくても2Tにしていた方がよかったのでは?(・・・とスケアメでも書いたような気がする)
スピン、ステップはすべてレベルを取りきりました
昌磨の得点を高すぎると見るか、妥当とみるかですが、個人的にはちょっと高い気がします。GOEでなくPCSの方が。
スケアメは4T+3TはUR判定で約5点くらい損してるし転倒により1点減点も受けたしステップでレベル取りこぼしがあって得点も1点ほど損してるからまあ妥当かなとは思う。
スケーティング技術については音楽に合わせての緩急はつけられていると思いますがクロスが多いのが気になる。
「Skating Skills」「Transition」は8点台前半でよかったと思う。42点くらいが妥当だったかも。


2位はハピエル・フェルナンデスでした

ハピエルもクワドは2本とも失敗しました。4T+3Tはセカンドでステップアウト。
第1ジャンプは綺麗に降りていたのですがセカンド3Tで軸が外れてしまいましたね。
4Sも軸が外れて3回転になり着氷も乱れてしまいました。その他スピンはすべてレベル3に取りこぼし。

昌磨の得点が高過ぎと文句が出るのは滑走順が後だったハピが91点しか取れなかったからなんだろうね。
ジャンプ失敗とスピンがすべてレベル取りこぼしで約7.50は失っている計算になる。
それを考慮しても昌磨と同じ得点にしかならないから昌磨は高過ぎでけしからん!みたいな。
でもクワドがバシッとハマればハピも質の高いジャンプでGOEも獲れるし大きなミスが無ければPCSも上がるので
GOEを考慮すれば103~105くらいは獲れると思うけどね。
SPは『マラゲーニャ』を持ち越し。来季は新プロで五輪に臨むのでしょうか?
羽生と同じ2シーズンずつSPのプロを持ち越しですが羽生は五輪シーズンを2年目に持ってきているのに対しハピは何だか中途半端に持ち越してるような気がする。新たなクワドを投入しなければ大舞台にしっかりピークを合わせられる選手なので問題は無いのかもしれませんが


3位はミハイル・コリヤダが入りました

プログラム曲はハピエルと同じくNightingale Tango テレビアニメ『ヌー、パガジー!』よりフォックストロット『ジョン・グレイ』持越し。
4T+3Tは綺麗に入りました。3Aは最後の回転で軸が外れてステップアウト。ステップからの3Lzは成功しました
ジャンプの質だけを見れば申し分ないですが「ステップから直ちに」といえるかというと甚だ疑問。GOE高すぎるのでは?
演技構成点に関して2番、8番、9番ジャッジが9点台を連発してますが、伸び盛りの選手とはいえまだそのレベルではないような気がします。7番ジャッジくらいの評価が妥当かなと(思ってたら7番は日本のジャッジだった)
ロシアがコリヤダを推したいというのはよくわかったけど


4位はアレクセイ・ビシェンコでした

プログラム曲は『チャンバーメイド・スイング』
3A、4T、3F+3T全て入りました。ただし、スピン、ステップで全然レベルが獲れてない。
スピンは回転が遅すぎるしステップはレベルにカウントされるターンがほとんど入ってない。
非常にテンポの良い楽曲ではありますがスピードにも乗りきれてないようにも思います。
9番ラトビアジャッジがオール9点台つけてますが明らかに高過ぎ。
各項目1.50、合計7.50までは誤差の範囲とされてますがOACにかけられるすれすれの採点ですやん。
アカンで。累積したら減給とか試合参加停止とか処分されちゃうよ。せっかく膨大な講習と試験を受けて採点ジャッジになったのに。めっ


5位はシャフィク・ベセリエでした

4T+3T、3A、後半の3Lz全て入りました。ジャンプは綺麗に降りましたがどのジャンプも繋ぎが無いのでGOEが伸びない。
特に3Lzはステップが入ってないから減点を受けても仕方がないところもあります。
SPは今季より「より難しい入り」が求められるようになっているので入り方に改善点がほしい
スピンでも回転が遅いため減点を受けました。スピンもうちょっと頑張ろう
プログラム曲は『It's a Man's World』。ステップでややぎこちなさはありましたがプログラム全般[硬派な男の世界]は見せられたのでは?


田中刑事は10位と出遅れました

プログラム曲は『ブエノスアイレスの春』。
4Sは踏切でタイミグが会わず2回転になりノーカン。3Aは入りましたが3F+3Tはセカンド3Tが高さが足りなかったのと着氷で重心が踵に乗ってしまいステップアウトとジャンプで2つミスが出てしまいました。
足換えのコンビネーションスピンもシット、キャメル、アプライトの基本姿勢3つのうち2つしか入っていないため基礎点が下げられてしまいました。「入ってない」扱いを受けたのはキャメル姿勢。基本姿勢にカウントされるのはポジションが定まって2回転以上だから最後まで回転しきってほしい。
音楽終了からフィニッシュポーズまでタイムラグがありましたが「演技時間」としてカウントされるのは曲の開始から終了までではなく「演技の開始からフィニッシュポーズまで」なのでぎりぎりセーフ。でもちょっと危なかった。


12位はデニス・ヴァリシエフスでした

プログラム曲は『Voodoo Child』 by Stevie Ray Vaughan
クワドなしの構成でした。3AはUR転倒。3Lz+3Tは非常に飛距離があるようにも見えましたが第1ジャンプがUR判定で減点。
どちらかというと第2ジャンプの方が回転足りないかと思いました。3FもUR両足着氷で!判定。
跳んだジャンプで全てUR判定がついてしまいました。足換えキャメルスピンで減点をつけたジャッジがいましたが恐らくはスピンの回転スピードの問題だろうと思います。ポジション変化もあまりスムーズでないのでこちらももうちょっとスピンを頑張ろう
楽曲はカッコいいのですが、まだエレメンツをこなすのに精いっぱいな気がする。
ヴァシリエフスは今季からステファン・ランビエールに師事して拠点もスイスに移しました。
日本の町田樹がランビ振り付けのプロと出会ってプログラムの表現が大きく変わりましたがヴァシリエフスも大きく飛躍できるでしょうか


SPを終えた後の滑走順は以下の通りになってました
2016 rostelecom cup FS starting order men

スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://figureskatingmaolove.blog.fc2.com/tb.php/236-b59a11e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

GPSロステレコム杯ぺSP «  | BLOG TOP |  » GPSロステレコム杯アイスダンスSD

プロフィール

ぶー

Author:ぶー
選手を混乱させ続け、迷走し続けるフィギュアスケートのルールや
採点のあり方について私なりに思うことを書いていきたいと思っています。
リンクや記事引用はご自由にどうぞ
キムチ派、宇宙人とゆかいな仲間たちは訪問お断り

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (78)
ルール (25)
国内報道 (3)
浅田真央 (13)
オリンピック (5)
フィギュアスケート技術 (2)
大会 (55)
キム・ヨナ (14)
ジャンプ技術 (5)
韓国 (5)
日本選手 (10)
国外選手 (2)
GPS (32)
ステップ技術 (2)

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
979位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
51位
アクセスランキングを見る>>

FC2拍手ランキング

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。