FC2ブログ

2018-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メドベージェワ、チームクリケットへ

平昌五輪で優勝候補筆頭とされながら銀メダリストとなったロシアのエフゲーニャ・メドベージェワ。
そのメドベに関する報道でロシアメディアは大騒ぎになっていましたが
エテリ・トゥトペリーゼコーチと師弟関係を解消し、ブライアン・オーサー氏に師事することが正式に発表となりました

報道をまとめてみます

 メドベージェワ、コーチ変更か(5月5日)
headlines.yahoo.co.jp/hl


メドベージェワ、なぜ今恩師の元を離れるのか(5月5日)
headlines.yahoo.co.jp/article

メドベージェワ、「引退」の可能性に現地メディアが言及
headlines.yahoo.co.jp/article


メドベージェワ、アルメニア代表に?振り付け担当者が完全否定
headlines.yahoo.co.jp/article

メドベージェワ、渦中のコーチが初激白「ニュースを見て知った」
headlines.yahoo.co.jp/article

メドベージェワ、オーサー師事を正式発表 羽生と同門へ
headlines.yahoo.co.jp/article

メドベ、恩師と禍根?
headlines.yahoo.co.jp/hl

メドベージェワ、11年間指導した恩師が惜別
headlines.yahoo.co.jp/article







メドベージェワ、新コーチオーサー氏が『移籍』に初言及
headlines.yahoo.co.jp/article










メドベージェワはシニアに昇格した2015-2016年ほぼ完ぺきな演技を続けて新女王に駆け上がるとともに
その年の世界選手権FSでは更新は不可能ではないかと思われていた歴代最高得点を更新したほか
翌シーズンの国別対抗戦においては女子初のショートプログラム80点越え、フリーで160点越えと当時はショート最高得点だった浅田真央を超えてスコアを更新するとともに総合得点においてもヨナの持つ最高得点すらもあっさり更新した
昨今の採点傾向がGOE至上主義で高いGOEを得ていればPCSもするする上がること
コーチのメソッドを知り尽くしていたからこそ、『ザギトワがシニアに上がったら自分のシニア1年目のようなことになるだろう」
という脅威を感じていて「ザギトワのシニア昇格を1年遅らせて」発言となったのかもしれません

実際、ザギトワはメドベの危惧していた通りになりました
「絶対女王」だったメドベージェワは平昌五輪を迎える大事なシーズン右足中速骨骨折が判明しGPF欠場を余儀なくされました
このシーズンには同門のアリーナ・ザギトワがシニア昇格。『後半すべてジャンプ』『ジャンプにロングエッジを抱えていない』ことを武器に瞬く間に女子フィギュアのトップを駆け上がり、いつの間にやらメドベのライバル1番手に躍り出ました。
そしてメドベ復帰戦の欧州選手権、平昌五輪でザギトワに連敗。
絶対女王の座をザギトワに明け渡すことになってしまいました
メドベージェワの心中は穏やかではなかっただろうと思います

と同時に長くスケートを続けるためには今の練習方法でいいのだろうかという疑念も湧き出始めていたかもしれません
エテリ・トゥトペリーゼの教え子にはユリア・リプニツカヤがいました。
リプニツカヤも2013-2014年のソチ五輪シーズン演技の完成度を武器に当時五輪金メダル候補だった浅田真央のライバルに躍り出た。
しかしながら体系の変化による悩みだったり故障が続いたことでコーチのもとを去り、引退するに至った。
メドベの所属するサンボ70はとにかくハードな練習と厳しい食事制限を課すところがある。
「自分が長くスケートを続けるためには今のやり方でいいのだろうか」という葛藤もあったのではないでしょうか

エテリコーチの発言だけを見ているとメドベージェワの勝手な振る舞いで一方的に恩師を切ったような印象を受けるが
ここはメドベの心中も推し量るべきではないだろうかと思います
ていうか、師弟関係を解消したとたんに教え子の悪口を言うのはいかがなものかと思いますがね。相手はまだ18歳の女の子なのに。
メドベージェワの「私は何かを変えたい。コーチとの間に悪い何かがあるとは思っていない」がすべてではないだろうか


個人的には師弟関係解消に関しては大賛成。
「レベルもGOEも取りきって勝つ」戦略は表面的にはブライアン・オーサーもエテリ・トゥトペリーゼのやり方も一緒。
ただ、エテリ組は「とにかくジャンプはすべて後半で、手を上げても何をやっていいからとにかく加点を!」の露骨なやり方にはげんなりしていた。
「なんでもかんでもジャンプにはタノ」がメドベのプロをつまらないものにしているように思っていた

チーム・クリケットならばジャンプやスピン、スケーティング指導のエキスパートがいる。
ジェフリー・バトル、デーヴィッド・ウィルソン、シェイリーン・ボーンなどの振付師もいるので
多彩なプロが見られるのではないか?

メドベのジャンプは「ため」が長く少々ハンマーキックぽいところもある。
ステップもところどころぎこちなく、無理やり踏んでいるような箇所も見られる
クリケットには羽生結弦、ハビエル・フェルナンデスなど「無駄な力が入ることなく」ジャンプを跳べるお手本といえる選手がいる。
メドベにとってはこれ以上にない環境ではないだろうか?

ロシア女子シングルの選手生命は非常に短い。
シニア1年目、15歳から世界選手権メダル圏内に駆け上がる選手がいる一方で
演技の幅を広げる前に体系の変わる時期に差し掛かる18歳までに次々新しい選手にとって代わられ、
リンクを去っていく選手もまた非常に多い

メドベージェワには息の長いスケーターになってもらいたいし演技の幅を広げていってもらいたい
「女王」の門出が輝かしいものになってほしいと切に願っています

スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://figureskatingmaolove.blog.fc2.com/tb.php/258-1be1d6f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

男女シングルGOE大幅改正 «  | BLOG TOP |  » 第57回ISU総会アジェンダ

プロフィール

ぶー

Author:ぶー
選手を混乱させ続け、迷走し続けるフィギュアスケートのルールや
採点のあり方について私なりに思うことを書いていきたいと思っています。
リンクや記事引用はご自由にどうぞ
キムチ派、宇宙人とゆかいな仲間たちは訪問お断り

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (78)
ルール (25)
国内報道 (3)
浅田真央 (13)
オリンピック (5)
フィギュアスケート技術 (2)
大会 (55)
キム・ヨナ (14)
ジャンプ技術 (5)
韓国 (5)
日本選手 (10)
国外選手 (2)
GPS (32)
ステップ技術 (2)

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
979位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
51位
アクセスランキングを見る>>

FC2拍手ランキング

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。