FC2ブログ

2018-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽生結弦の演技を新ルールで採点してみた③2015年GPF「SEIMEI」

羽生結弦の非の打ちどころのない演技といえばやっぱり「SEIMEI]なのでこちらも当時のルール、現行ルールと照らし合わせてみます

映像はこちら



プロトコルはこちら羽生結弦2015年GPF「SEIMEI」

ではでは新ルールでこの演技がどこまで評価されるのか予想してみます
改正後ジャンプ要素は1つ無くなります。
「FSの4回転ジャンプは重複ダメ」『後半1.1倍の基礎点は4つまで」ルールが採用されなかった場合
基礎点は下の通りになります

改正前基礎点改正後基礎点
4S10.509.70
4T10.309.50
3F5.305.30
FCCoSp3p43.503.50
StSq33.303.30
4T+3T16.0615.07
3A+2T10.7810.23
3A+1Lo+3S14.7414.08
3Lo5.61なし
3Lz6.606.49
FCSSp43.003.00
ChSq12.003.00
CCoSp3p43.503.50
基礎点合計95.1986.67
ジャンプは最も低い基礎点の3Loをカットとしました
基礎点は95.19から86.67へと8.52下がることになります

で、「SEIMEI」で羽生結弦が実施したエレメンツの質を改改正前、改正後のGOE加点要素に照らし合わせてみると
「バラード1番」とほとんど同じ評価になります
(◎:満たしている、〇:まあまあ満たしている、△:不明瞭、✖:明らかに満たしていない)
(旧ルール)
加点の条件該当項目
予想外の/独創的//難しい入り
明確ではっきりとしたステップ/スケーティングから直ちに跳んでいる
難しい空中姿勢/ディレイド
高さ及び飛距離が十分
四肢を十分に伸ばした着氷姿勢/独創性
入りから出の流れが十分
無駄な力がない
音楽構造と合っている

(改正後ルール)
加点の条件該当項目
①高さも飛距離も素晴らしい(ジャンプコンビネーション、シークエンス含む)
②離氷、着氷がどちらもよい
③無駄な力がない
④予想外の・独創的な・難しい入り
⑤離氷から着氷までの姿勢が良い
⑥音楽構造と合っている

ジャンプに関してGOEの加点基準に関して「新ルールの加点基準は羽生結弦のためにある」といっても過言でないくらい
ほぼすべての加点の条件を満たしています。✖なのはタノをやってないときの「難しい空中姿勢」くらいのもん。
少々踏切前に構えらしきものが見受けられるかなと思われる個所は唯一3Loですが、
ジャンプ要素が1つ無くなりますのでその不安要素はなくなることになる
+4以上の評価は①~③の条件が必須ですがGPFの演技を見る限り羽生のジャンプはどれも全く問題ありません
新ルールでも満点近い評価を得られるのではないでしょうか


次にスピンで検証してみます
「SEIMEI」では以下の条件をクリアしていたものと思われます
(旧ルール)
加点の条件該当項目
スピン中の回転速度または加速が十分△または✖
素早くスピンの軸を取ることができる
全ての姿勢でのバランスの取れた回転数
規定回転数を明らかに超えている
良い、力強い姿勢(フライングスピン、フライングエントランスのスピンでは高さ、空中姿勢、着氷姿勢含む)
独創性でオリジナリティがある
全局面においてよくコントロールできている
音楽構造と合っている

最初のフライングエントランスから入る足変えコンビネーションスピンが唯一の不安要素ではないでしょうか。
ほかのスピン要素では全員のジャッジが+2以上をつけていますが
最初のスピンのみ一人のジャッジが+1評価と低いジャッジをしています
ビールマン姿勢を取ってから回転速度が失速気味であること、流れの悪さで評価を落としていたのではないでしょうか


では新ルールではどうでしょうか?
( 新ルール)
加点の条件該当項目
①スピン最中のスピードまたは加速が十分✖または△
②良くコントロールされた正確なポジションを取っている
(フライングスピン/フライングエントランスからのスピンでは高さ、空中姿勢、着氷姿勢含む)
③スピンの入りから出で無駄な力がない
④回転の中心に体を置いた状態を維持している
⑤独創性がありオリジナリティがある
⑥音楽構造と合っている

羽生が+4以上の評価を得るには①②③の条件をすべて満たす必要がありますがネックとなりそうなのが①の条件。
コンビネーションスピンでビールマンポジションを取ることがGOEを取るのに有益な要素とは思えません
スピンの難度はこれでよいと思いますがレベルの上げ方についてはビールマンを回避するなどの策を獲ったほうが
GOE評価で+4以上を得られるのではないでしょうか


ステップシークエンスを見てみます
旧ルールで羽生結弦はどの条件を満たしていたのでしょうか?
加点の条件該当項目
エネルギーが十分で焦点の定まった演技
シークエンス中のスピードまたは加速が十分
シークエンス中に様々なステップを用いている
深いはっきりとしたエッジ(すべてのターンの入りや出を含む)〇または△
全身が関わり十分にコントロールされた正確なステップを維持している〇または△
独創性やオリジナリティがある
無駄な力がない
音楽構造と合っている

ところどころフラットに踏んでいて不明瞭なところがあったんじゃないかと思われる個所が少しありました
これがステップでレベル4を獲得できなかった大きな理由でもあります

新ルールでのステップの評価は以下のようになると思われます
加点の条件該当項目
①深いエッジでステップやターンを正確に踏んでいる〇または△
②音楽構造と合っている
③力強くよどみなくパターン全体を遂行している
④独創性やオリジナリティがある〇または△
⑤全身が関わりコントロールされた状態が優れている
⑥ステップ最中のスピードや加速が良い

2015年GPFのようなステップの踏み方ですとレベルは3どまりでしょうし
「ステップやターンを正確に」のところで評価が分かれてGOE評価も+3どまりになるかもしれません
平昌五輪SPのように踏むことができればステップシークエンスでもレベル4を獲得でき+4以上の評価も得られるのではないでしょうか


最後にコレオグラフィックシークエンスです
旧ルールで羽生結弦が評価されていたと思われる個所はこちら
加点の条件該当項目
 流れがよく,エネルギーが十分で焦点の定まった演技
 シークェンス中のスピード,またはスピードの加速が十分
十分に明確で正確
全身が関わり十分にコントロールされている
独創的でオリジナリティがある
 無駄な力が全くない
プログラムのコンセプト/特徴を反映している
要素が音楽構造を高めている
欠点らしきところはなーんにもありません。得意のハイドロブレーディングを織り交ぜることで
「独創的でオリジナリティ」も出しています

新ルールで評価されると思われる個所はこちらになります
加点の条件該当項目
①創造性や独創性がある
②音楽構造と合致している
③エネルギーが十分で焦点が定まっていて流れが良く無駄な力がない
④リンクカバー率が優れている
⑤正確で精度が良い
⑥全身がかかわりコントロールされた状態が優れている


羽生結弦のGOEは以下の通りになると考えられます



改正前GOE改正後GOE
4S3.004.85
4T3.004.75
3F1.902.12
FCCoSp3p41.141.40
StSq31.361.65
4T+3T2.003.80~4.75
3A+2T3.004.00
3A+1Lo+3S2.433.20~4.00
3Lo1.50なし
3Lz1.802.36
FCSSp41.211.20
ChSq12.102.50
CCoSp3p41.291.40
GOE合計25.7333.23~34.98

GOEに関しては基礎点×10%で実施されますのでレベルをほぼ取りきっている羽生であれば33.23~34.98に上昇します
最終的な技術点得点は120.92の数値からおおよそ119.90~121.65となりますので
ルール改正後であっても当時の得点とほぼ同等のスコアを出せるのではないか・・・と思います

「バラード1番」「Hope & Regacy」「SEIMEI」で旧ルールと新ルールで羽生の評価に影響が出るのか見てきましたが
全くと言っていいほど影響は出ないといっていい。
故障が回復してジャンプの質を戻せたらもう追い風しかない、みたいな。
ジャンプ要素が1つ無くなっても完成度の高い演技をしていけば歴代最高得点はまだまだ更新の余地がありそうです

ネイサン・チェン、ビンセント・ジョウがクワドを4種類跳べますし同門のボーヤンは3種類習得済み。
宇野昌磨だって4Sや4Lz習得も視野に入れて北京五輪を目指すのではないでしょうか
仮に4回転重複ダメルールが採用されたとしても新たな4回転の習得を目指すなどしてルールに対処してくるのではないでしょうか




スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://figureskatingmaolove.blog.fc2.com/tb.php/265-1d517679
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ISU総会始まる «  | BLOG TOP |  » 羽生結弦、国民栄誉賞受賞決定

プロフィール

ぶー

Author:ぶー
選手を混乱させ続け、迷走し続けるフィギュアスケートのルールや
採点のあり方について私なりに思うことを書いていきたいと思っています。
リンクや記事引用はご自由にどうぞ
キムチ派、宇宙人とゆかいな仲間たちは訪問お断り

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (78)
ルール (25)
国内報道 (3)
浅田真央 (13)
オリンピック (5)
フィギュアスケート技術 (2)
大会 (55)
キム・ヨナ (14)
ジャンプ技術 (5)
韓国 (5)
日本選手 (10)
国外選手 (2)
GPS (32)
ステップ技術 (2)

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
652位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
40位
アクセスランキングを見る>>

FC2拍手ランキング

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。