FC2ブログ

2018-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ISU総会始まる

スペイン・セビリアにて第57回ISU総会が始まりました
いくつかの案が廃案になったり採用になったりしています

現時点で分かっているものをまとめておきます


◇採用

「ジャンプの基礎点後半1.1倍になるのはSPは最後の1つのみ、FSは最後の3つのみ」
ISU総会アジェンダにて、197番カナダ案と198日本案は同じと書いてしまいましたが
カナダ案は「SPは2つまで、FSは4つまで」
日本案は「SPは最後の1つのみ、FSは最後の3つのみ」

という大きな違いがあったようです。
つまり日本案だと1.1倍になるのはSPは1つだけ、FSは3つだけとカナダ案より1.1倍になるジャンプは1つずつ少ない、ということになります(大変申し訳ありませんでした。訂正してお詫び申し上げます)
で、採用に至ったのは日本案ということになります(日本の連盟め、余計なことしやがって(▽皿▽♯)


・4回転ジャンプで重複してよいのは1種類のみ
→技術委員会より「4回転ジャンプは重複してはならない」という提案が出ていましたが
各国連盟より反発が相次ぎ結局「1種類に限定」という修正案が出て可決となりました。
2018-2019年より採用となります


・五輪予選方式の変更
→五輪出場枠は前年度の世界選手権出場枠によって決定しますが
 複数枠を獲得する場合は新たに「五輪出場枠は『FSに進出した人数で』」という条件が加わりました
 3名出場して3名ともFSに進出、3枠→五輪出場枠は3
 3名出場して2名がFSに進出、3枠→暫定で出場枠2.一人が五輪最終予選に回って自力出場権獲得
 2名出場して出場枠3→FSに進んだのは2名なので五輪出場枠は2
 2名出場して一人のみFS進出して出場枠2→「暫定出場枠は①」。一人が五輪最終予選に回って自力出場権獲得
 1名出場して出場枠2→五輪出場枠は①
 ※五輪前年度の世界選手権でFSに進出した選手は五輪最終予選の派遣は×
 例えば日本が羽生、昌磨、デカで五輪前年度の世界選手権で3枠獲得するもFSに進出したのが羽生、昌磨のみでデカくん予選落ちだった場合
日本の暫定五輪出場枠は2となり、残る1つを五輪最終予選で自力で獲得しなければなりません。
その場合羽生、昌磨を最終予選には派遣できないので他の選手を派遣しなければならないということになります


・男子選手でタイツ着用可



・GPSの滑走順は12名を3名ずつ4グループに分けて抽選




◇不採用

・シニア参加年齢を2020-2021年より7月1日時点で満17歳」に引上げ(緊急動議。オランダより提案)
・3回転ジャンプあるいは4回転ジャンプ6種類をクリーンに決める選手にボーナス(日本)
・男子のPCS係数引き上げ
・1度目、2度目の転倒はプログラムから減点1、3度目、4度目の転倒は減点2、5度目以上は減点3のルールの廃止
・採点ジャッジを技術点、演技構成点のパネルに分ける


シニア参加年齢引き上げについてはイスラエルから反発が起きました。
で、ISU総会の議題に上げるかどうかの決を採り不採用となったので、実質検討対象外となったようです

ボーナス案はやっぱり否決。男子はジャンプを跳ぶ回数が一つ少なくなりますので苦手なジャンプあるいは基礎点の最も低いジャンプを避けるのではといわれています。で、日本が出したのがボーナス案だったのですが賛同は得られなかったようです


『後半ジャンプ基礎点1.1倍の制限』そして「4回転ジャンプの制限」どちらも採用となってしまいました。
4種類のクワドを既に習得しているネイサン・チェン、ビンセント・ジョウ、
3種類を習得しているボーヤン・ジン、宇野昌磨にはクワドを多く組み込める点においては
一見優位に立っているようにも見えますがGOEにやや難がありますのでそのあたりのところがどうだろうか、と思います
羽生結弦はGOEに関しては誰にも負けないものを持っていますが
4Loと4Lzの精度を上げないことにはFSのスコア更新までは難しくなりそうですね
とはいえクワドを全種類現役の間に習得したいという意向を持っていますしこれまで有言実行もしてきましたので羽生ならという気がしないでもないです

男子選手のタイツ着用に関しては「えー?今までタイツあかんかったの」という気もしますが
バレエで男性の踊り手はタイツをはいているので男子選手でバレエ音楽をプログラムにという選択肢も広がるのかなと思ったりもします


そのほかにも可決された項目があれば随時更新したいと思います




スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://figureskatingmaolove.blog.fc2.com/tb.php/266-1b42914e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |  » 羽生結弦の演技を新ルールで採点してみた③2015年GPF「SEIMEI」

プロフィール

ぶー

Author:ぶー
選手を混乱させ続け、迷走し続けるフィギュアスケートのルールや
採点のあり方について私なりに思うことを書いていきたいと思っています。
リンクや記事引用はご自由にどうぞ
キムチ派、宇宙人とゆかいな仲間たちは訪問お断り

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (78)
ルール (25)
国内報道 (3)
浅田真央 (13)
オリンピック (5)
フィギュアスケート技術 (2)
大会 (55)
キム・ヨナ (14)
ジャンプ技術 (5)
韓国 (5)
日本選手 (10)
国外選手 (2)
GPS (32)
ステップ技術 (2)

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
652位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
40位
アクセスランキングを見る>>

FC2拍手ランキング

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。